<< 0921 NFL(Week1&Week2) >>
2004年 09月 21日
デラホーヤ、沈む。
マウスピースを吐き出したデラホーヤは、そのまま敗者となった。
左ボディ一発。
見事にビルドアップされ、グットシェイプされた脇腹に、ホプキンズの拳がめり込んだ。

デラホーヤは、何度も拳をリングに叩きつけて、怒りをあらわにする。
史上初の4団体統一を成し遂げたホプキンズは、声を失った観客を煽っていた。
典型的な勝者と敗者。
見事なまでのコントラスト。

世紀の一戦は、大方の予想通りの結果に終りながらも、誰もが衝撃的な結末に声を失った。


対峙した身長差。
それが全てだったのかもしれない。
スピードで試合をコントロールしようとしたデラホーヤに対して、ホプキンズは慌てずに主導権を奪い返した。
ホプキンズの壁は、身長差以上に高かった。

「勝てた試合だった」
「42歳までは戦う」

前者がデラホーヤ、後者がホプキンズのコメント。
再戦も、、、ありえる?


参照URL。
デラホーヤ人生初KO負け/ボクシング
ホプキンス「42歳まで戦う」/ボクシング
[PR]
by barry_lions | 2004-09-21 14:55 | Battle


<< 0921      NFL(Week1&Week2) >>


アクセス解析