<< K-1 WORLD MAX@東... NFL(Week4&Week5) >>
2004年 10月 14日
テレビ討論会。
ブッシュ、ケリー両氏、最後の討論会

第1回討論会。
豊富な知識に裏打ちされた言語明瞭な発言で、ブッシュJrをタジタジにさせた民主党の大統領候補は、そのまま終始共和党候補を圧倒して、第1回討論会を終えた。
ディベートにおける、勝敗は明らかだった。

が、世間の反応はまったく逆だった。
エリート風を吹かせたと評価されたゴアよりも、庶民的で親近感を覚えたとブッシュの支持率が上がったのだ。

その同情票で大統領になったブッシュが、今回は「タフ」さと「リーダー力」を、テレビ討論会でアピールしているのだから、世の中分からないものだ。

戦時中の大統領という追い風も、第1回討論会での前回と同じ失敗をするという彼らしい失態を演じてしまったブッシュの前では、力をなさなかった。

勝ち誇るケリー陣営に、巻き返しを誓うブッシュ陣営。

副大統領候補の討論会では、老兵チェイニーが新鋭エドワーズをまったく寄せ付けなかったという(Newsweek評 こちらは評価は色々と分かれているが)。
米国版「微笑みの貴公子」も、笑顔だけでは勝てなかったということか?
そして第2回討論会では、ブッシュが盛り返して、互角という評価を得た。

ケリーの一貫しない姿勢が風見鶏と批判され、ブッシュ政策の矛盾と同調してしまって、徹底的な批判が出来ないでいる感がある。
また、米国でのblogの力を上手く利用したブッシュ陣営が、全ての疑惑さえも偽証であったかのような印象を与えることにも成功している。
#メディアの嘘を暴いたblogerだが、その手の波に乗ることに長けている者たちには、メディアや世論の一つでしかないのだろう。

そして、最後の討論会が行われた。。。
[PR]
by barry_lions | 2004-10-14 11:50 | Memo


<< K-1 WORLD MAX@東...      NFL(Week4&Week5) >>


アクセス解析