<< 1026のパレスチナ、イスラエル関連 1025のパレスチナ、イスラエル関連 >>
2004年 10月 27日
アラファト議長の様態
アラファト議長の外出許可、腸に疾患か イスラエル
アラファト議長に外出許可 医師の薦めで断食も中止
イスラエル、アラファト議長に病院での治療を許可
アラファト議長は腸に問題、数日で回復へ=外相




アラファト議長の外出許可、腸に疾患か イスラエル
イスラエルのモファズ国防相は25日までに、ヨルダン川西岸ラマラのパレスチナ自治政府議長府に軟禁状態にしているアラファト議長に対し、ラマラ市内の病院への外出を許可した。自治政府高官が同日、明らかにした。議長が外出すれば2002年5月以来となる。
 同高官は「議長はかなり疲れた表情で、肛(こう)門から内視鏡を入れた」と述べており、腸に疾患がある可能性がある。24日のイスラエル紙は腸がんを患っている可能性があると報じた。
 外出許可は24日に出たが、議長は25日も議長府内に留まっている。自治政府は24日「議長はインフルエンザにかかっていたが快方に向かっている」と発表した。
 イスラエルは2001年12月、テロの首謀者だとして議長を軟禁、02年3月には軍が議長府に侵攻し監禁状態に置いた。同年5月に一時監禁は解除され、議長は西岸を視察。その後、再び軍が軟禁状態にしている。(共同)

アラファト議長に外出許可 医師の薦めで断食も中止
 イスラエルのモファズ国防相は24日、ヨルダン川西岸ラマラのパレスチナ自治政府議長府で軟禁状態にしているアラファト議長に対し、ラマラ市内の病院への外出を許可した。自治政府高官が25日、明らかにした。
 同高官は「議長は肛(こう)門から内視鏡を入れた」と述べ、イスラエル紙は24日、議長が腸がんを患っている可能性があるとのイスラエル政府当局者の話を伝えた。AP通信によると、議長は26日、医師団の強い勧めで、11日間にわたり続けていたイスラム教の断食月に行う日中の断食をやめた。
 議長府は25日「議長はインフルエンザにかかっていたが快方に向かっており、外出はしない」との声明を発表。議長は約1週間前から体調を崩し、エジプトの医師団などが議長府に到着していた。
 イスラエルは2001年12月、テロの首謀者だとして議長を軟禁、02年3月には軍が議長府に侵攻し監禁状態にした。同年5月に一時監禁は解除され、議長は西岸を視察。その後再び軍が軟禁状態にしている。(共同)

イスラエル、アラファト議長に病院での治療を許可
 イスラエルのモファズ国防相は25日、ヨルダン川西岸ラマッラの議長府で事実上の軟禁状態に置いているパレスチナ自治政府のアラファト議長(75)に対し、議長府に戻ることを条件に、市内の病院での治療を認めた。
 イスラエルは2001年12月以来ほぼ一貫して議長を軟禁しているが、こうした許可を出すのは初めて。
 ただ、議長府スポークスマンは、議長には病院に行く意思はないと述べた。議長には胆石の持病がある。(エルサレム支局)

アラファト議長は腸に問題、数日で回復へ=外相
 【オスロ 26日 ロイター】 パレスチナ自治政府のシャース外相は26日、健康不安説がでているアラファト議長について、腸の問題で苦しんでいるものの、医師は2、3日で大幅に改善する、とみていることを明らかにした。
 オスロで、記者団に対し述べた。
 シャース外相は、2、3時間前にアラファト議長と話をしたことを明らかにしたうえで、「ここ1週間は、重い下痢をともなうインフルエンザで苦しんでいた」と述べた。
 外相によると、チュニジアやエジプトから来た医師が診察した結果、深刻な合併症はみられず、数日で症状が大幅に改善する見通しという。

[PR]
by barry_lions | 2004-10-27 16:55 | Middle East


<< 1026のパレスチナ、イスラエル関連      1025のパレスチナ、イスラエル関連 >>


アクセス解析