<< NFL(Week8&9) 大人の遊び ダーツ&ビリヤード入門 >>
2004年 11月 04日
大統領選終了。
kazzVaporTrailさん復活ということで、記念トラバの意味も含まれてますが、とりあえず、大統領選について記しておきます。

接戦にはなると思っていましたが、まさかここまで接戦になって、しかもアッサリ勝負かつくなんて予想してなかったです。

今回の大統領選。
争点がイラク問題中心になったのは意外でした。
共和党は、もう少し散らしてくると思ったので。。。
# 結局、雇用無き景気回復だと実感は湧かないって事かな(って、日本も一緒か)。

今後のイラク情勢。
どっちが大統領になっても大差は無いわけで、そう考えると「今後のイラク問題」というよりも、「イラク侵攻が正しかったのか?」という問いかけになってしまっていた気がします>大統領選。

(自分を含めて)自らが発した言葉なり文章の主張を変えるというのは難しいわけで、今回の選挙を見ると、半数以上は意見を変えなかったものの、主張を翻した人もいる。
それなら、そう悲観的になることも無いのかな?と思っています。

それよりも悲観的になるのが、今回の選挙で共和党が大きく議席を伸ばした事です。
ブッシュ批判をしている人には、この辺りを大きく突っ込んでもらいたいです。
これで、共和党が支持している法案が通りやすくなりました。
う~む、困った。
# スーパーマンも力及ばず、、、か。

大統領選と考えるならば、前回こそがターニングポイントだったと思っています。
もし次回、ヒラリーが出てくるのなら、それはそれで見てみたい気もしますが。。。

日本という観点で見れば、ケリー勝利だった場合、クリントン政権の時のような対日本政策が出てくるわけで、経済的にはブッシュ勝利で一安心。
また、自衛隊と点でも、ケリー勝利だったら逆に増兵の可能性も高いわけで、アメリカ先導@現状のまま自衛隊がコソコソ撤退した方が安全。

問題は米国の対イラン。

現在、対イラン戦争へ向けて足固めをしている節がある米国。
もしアメリカがイランに攻め込めば、イラク侵攻時のフランスのような立場になってしまいます。
すでに日本には対イランでクレームが入ってますが、本格的に戦争(侵攻)になる場合、小泉首相がどう対処するのか?この辺りは非常に興味があります。

トラックバックURL。
あの痴れ者を大統領に選んだのはアメリカ国民ですEccentric!
[PR]
by barry_lions | 2004-11-04 16:25 | Memo


<< NFL(Week8&9)      大人の遊び ダーツ&ビリヤード入門 >>


アクセス解析