<< ヴォルク・ハン Dramatic Record... >>
2004年 11月 10日
国家宗教党。
イスラエル、国家宗教党が連立政権離脱
イスラエル、国家宗教党が連立政権離脱

前々から予想されていた「国家宗教党の連立政権離脱」が現実となった。
これにより、リクードの連立与党は6議席を失い、オルレブ労働福祉相が辞任する。
すでに過半数割れをしている連立与党に、噂されていた労働党等の左派が加わるのかは不明。

国家宗教党=NRP(National Religious Party)とは、こんな党(東欧系宗教派)。
いわゆる宗教右派、同じ右派でもリクードは非宗教であり、その部分での違いがある。
また他宗教との共闘も好まない原理的な視点に立っていると言われている。

トラックバックURL。
イスラエル、国家宗教党が連立政権離脱

参照URL。
中東・イスラーム用語検索|パレスチナ問題、イラク情勢、アフガニスタン情勢等を理解する為の基礎用語解説



イスラエル、国家宗教党が連立政権離脱
【エルサレム 9日 ロイター】 イスラエルの国家宗教党は9日、シャロン首相によるガザ地区からのイスラエル人入植地撤退計画に抗議して連立政権から離脱した。
 首相府によると、国家宗教党のオルレブ労働福祉相は9日、辞表を提出。辞任は10日付となる。

イスラエル、国家宗教党が連立政権離脱
 辞任はこれ以前に記者会見で発表されており、連立与党は6月に2人の閣僚が撤退案に反対して辞任したことですでに議会で多数派の座を失っているが、シャロン政権の即時崩壊につながる可能性はない、とみられている。
 国家宗教党は議会で6議席を占めており、政権離脱により連立政権の議席数は、総議席120議席中55議席となる。

[PR]
by barry_lions | 2004-11-10 15:02 | Middle East


<< ヴォルク・ハン      Dramatic Record... >>


アクセス解析