<< 「あんたのプロレスを見る目は何... 映画メモ。 >>
2004年 12月 01日
1201のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ。

エジプト:シリアにイスラエルとの交渉仲介の用意
エジプト大統領、シリアとイスラエルの対話仲介か
エジプト、イスラエルにシリアとの交渉再開働きかけへ

「六日間戦争」で、イスラエルにゴラン高原を占領されたのが1967年。
対立という両国の立場は、基本的には変わっていない。
この両国が再び交渉に入ることが、即和解になるとは誰もが思わないだろう。
それでも、この交渉に入る事に可能性を見出したいと思うのは、安易な考えだろうか?




エジプト:シリアにイスラエルとの交渉仲介の用意
【カイロ小倉孝保】エジプトのマゲド・アブデルファタハ大統領報道官は29日、エジプトがシリアに対し、イスラエルとの和平交渉の仲介をする用意があると伝えることを明らかにした。ムバラク・エジプト大統領が30日、エジプト・シャルムエルシェイクでアサド・シリア大統領と会談し、仲介の用意を伝えるとみられる。

エジプト大統領、シリアとイスラエルの対話仲介か
 エジプト紙によると、同国のファタハ大統領報道官は二十九日、「エジプトは(イスラエルとシリア)双方の対話を仲介する用意がある」と語り、もしシリアがイスラエルとの対話を無条件で再開することを表明するなら、イスラエルも同様、無条件でその申し出を受け入れるべきであると表明、両首脳の会談で、対イスラエル対話再開問題が協議されるとの見方を示唆していた。
 エジプトのアブルゲイト外相は十二月一日、スレイマン国家情報庁長官と共にイスラエルを訪問する。

エジプト、イスラエルにシリアとの交渉再開働きかけへ
 イスラエルとシリアの和平交渉は2000年に中断した。シリアは中断時点までの合意事項を引き継ぐことを交渉再開の条件としてきたが、イスラエル側は交渉のやり直しを主張している。シリア側が条件を取り下げた場合は大きな路線転換を意味する。
 ただ、シリア国営通信は30日夜、アサド大統領がラフード・レバノン大統領との電話会談で、「対イスラエル交渉は中断時点から再開すべきだ」と述べたと報じ、エジプト政府の発表を間接的に修正した。 (10:05)

[PR]
by barry_lions | 2004-12-01 16:47 | Middle East


<< 「あんたのプロレスを見る目は何...      映画メモ。 >>


アクセス解析