<< 自治政府議長選ボイコット@ハマス 1201のパレスチナ、イスラエル関連 >>
2004年 12月 02日
「あんたのプロレスを見る目は何処に付いてるんだ」
ワールドプロレスリング」からのトラックバック。
↑は、北斗が書いた文章である。
なかなか刺激的な内容だったので、トラックバックしてみることに。

まずは、「健介 vs みのる」について。
この試合の感想は前エントリーの「新日@大阪ドーム(PPV)」で意見した通りだ。

ハッキリ言って退屈だった。
いい試合か?悪い試合か?それは2人の試合を見た人それぞれだと思うけど。
と北斗が言うとおり、試合の感想というのは、観客に委ねられる。
退屈という自分の意見もあって、感動したというコメントも見られる。
それはそれ。
意見としては相容れないのだろうが、それでも構わないのがプロレス。

北斗は、二人の試合を好意的に見ているが、
試合のシチュエーション。
ドームという会場。

これを考えると二人の試合は、自己満足な自慰にしか見えなかった。

シチュエーションが浸透していれば、自慰的でもOK。
ドラマが理解してもらえないのなら、観客に合わせた試合。
観客を突き放すというほどでもなく、、、結局中途半端な内容に映った。


って、そんなことより本題だ。

前もって言っておきたいんだけど、私が待ちに待ったのはアントニオ猪木氏がこの試合をかなり批判してくれてたからです。

中略。

私の率直な意見は「あんたのプロレスを見る目は何処に付いてるんだ」

中略。

私は言いたい!幾ら偉かろうが、じゃ~あんたが組んだ試合はどうだったんだ?と・・・
私は最終的に某選手を試合後に殴った写真を見て思った事!タオル?か何かを手に巻きつけてるけど「殴るんだったらお前こそ遠慮するな」
話題をそらす為にやったとしか私は見えなかった。
いや~、言ってくれました。
あのグダグダのメインを締めるのに、アドリブで中邑を殴ったというのは、安易に想像出来る。

新日というか日本のプロレス界を引っ張ってきたのは間違い無く猪木だが、混沌と破壊でプロレス界の足を引っ張ったのも彼だ。

もう猪木に引導を渡すべきだ。
新日の会場で無邪気に「ダッー!」とやっている人の気が知れない。

誰かが声を出さなければ、この混乱は続くはず。
北斗も意見するなら、猪木に正面向かって言って欲しい。
少なくともこんなblog(実際にはオフィシャルサイトの日記)ではなく、猪木の耳に入るようなマスコミで発言してもらいたい。
# まぁ~、その批判も利用しようとするだろうけど>猪木。


トラックバックURL。
ワールドプロレスリング佐々木健介「嫁バカ日記」

有名人へのトラックバック企画第一弾(第二があるかは分からないけど 汗!)。
[PR]
by barry_lions | 2004-12-02 12:54 | Battle


<< 自治政府議長選ボイコット@ハマス      1201のパレスチナ、イスラエル関連 >>


アクセス解析