<< NFL(Week12&13) 全日@12.5両国。 >>
2004年 12月 03日
1203のパレスチナ、イスラエル関連
のニュースをピックアップ。

イスラエル首相:対シリア和平「交渉再開せず」
ハマス幹部「攻撃停止も」 ガザでPLO議長と会談

エジプトがシリアとイスラエルの仲介?というニュースがあったのが先日。
これに対しての意見では無いのだろうが、シャロン首相は現状のままではありえないという主張を明らかにした。

また、ハマスも「イスラエルが攻撃をやめれば、ハマスも攻撃を停止する」と述べたようだが、イスラエルが先に手を引くという事は無いだろう。
まぁ~、(毎回の事で)子供の喧嘩状態とも言えるが。。。



イスラエル首相:対シリア和平「交渉再開せず」
 シャロン首相は記者会見で「シリアとの和平を望んでいるか」との質問に「条件が整うならばイエスだ」と答える一方、「最悪の敵(パレスチナ武装勢力)に対するシリアの支援を無視することはできない」と強調、同国が武装勢力を解体しない限り交渉再開に応じない考えを表明した。

ハマス幹部「攻撃停止も」 ガザでPLO議長と会談
【エルサレム3日共同】イスラム原理主義組織ハマスの最高幹部ザハル氏は2日、パレスチナ自治区ガザ市でパレスチナ解放機構(PLO)のアッバス議長と会談後、記者団に「イスラエルが攻撃をやめれば、ハマスも攻撃を停止する」と述べ、イスラエル対応で一定の柔軟姿勢を示した。

[PR]
by barry_lions | 2004-12-03 17:06 | Middle East


<< NFL(Week12&13)      全日@12.5両国。 >>


アクセス解析