<< デッド・ゾーン。The Dea... 1217のパレスチナ、イスラエル関連 >>
2004年 12月 21日
ヴァイキングス@ライオンズ
プレイオフへの生き残りをかけたこの一戦。
勝敗を分けたのが、センターのスナップミスだった。

1点差で始まった後半。
スコアレスの第3クォーターを終え、迎えた第4クォーターの攻防は手に汗を握る大接戦だった。
ヴァキングスが残り8分53秒にQBカルペッパーからWRバールソンへの37ヤードTDパスでリードを8点に広げる。
やはり、最初に動いたのは、ハイパーオフェンスを誇るヴァイキングスだった。
ここから、第3クォーターのスコアレスが嘘のように、点数が動き始める。
ライオンズは直後の攻撃でQBハリントンがWRウィリアムズに9ヤードTDパスを通すと、2点トライに成功し同点に追いつく。
この日はハリントンもウィリアムズも好調だったが、なんといってもヴァキングスのファールに助けられたのが大きかった。
ともあれ、ツーポイントを決めて、同点に!
ヴァイキングスは残り1分43秒にRBウィリアムズの11ヤードTDランで再び勝ち越す
ここからは、ツーミニッツオフェンス。
アメリカンフットボールの醍醐味である攻防。
もちろん、ライオンズも負けなかった。
ライオンズも粘りを見せ残り12秒にQBハリントンからWRウィリアムズへの1ヤードTDパスが決まる。
タイムアウトを全て無くしたライオンズは、残り時間を有効に使い、オーバータイムへ持ち込む!と誰もが思ったその瞬間。
エクストラポイントをスナップミスでキックできず。ヴァイキングスが相手のミスに助けられ辛勝した。
万事休す。
誰もが予想しなかった結末がそこには待っていた。

ライオンズは、これでプレイオフの可能性が完全に消滅。
それでも今日のゲームは面白かったし、よく頑張ったと思う。
センターのイージーミスという、目も当てられないような出来事で、星を落としたわけだが、それよりも後半での喰らいつきに、未来を期待したい。

さて、次週はホーム最終戦。
来期につながる勝利を期待したい。
[PR]
by barry_lions | 2004-12-21 12:01 | NFL


<< デッド・ゾーン。The Dea...      1217のパレスチナ、イスラエル関連 >>


アクセス解析