<< ガザ地区 あゆみさんからメールが来ましたか? >>
2004年 04月 13日
「過ぎ越しの祭り」の最終日
イスラエル軍、武装勢力3人射殺
イスラエル軍、ガザでパレスチナ武装勢力3人射殺
【カイロ12日鈴木眞吉】イスラエル軍は十二日未明、パレスチナ自治区ガザ中部で、ユダヤ人入植地を攻撃しようとしていた武装パレスチナ人三人を射殺した。CNNテレビが同日、報じた。
 イスラエルでは、同日はユダヤ教徒にとっての祭典「過ぎ越しの祭り」の最終日。
2004/4/12 20:13

「過ぎ越しの祭り」の最終日に、動きがあった模様。
ここまで、緊張が続いたものの比較的平穏だった「過ぎ越しの祭り」だったのだが。
また
イラクの反米攻撃にパレスチナ人気勢上がる 各地でデモ

 パレスチナ自治区ガザ市で9日午後、数千人がデモ行進を行い、「イスラエルに死を! アメリカに死を!」と気勢を上げた。またヨルダン川西岸自治区ナブルスでも、数百人の住民が「バグダッドからエルサレムへ 抵抗以外に選択肢なし」と書かれた横断幕やイラク国旗を振り、星条旗を燃やした。

 パレスチナ過激派ハマスは、先月22日に精神的指導者のヤシン師をイスラエル軍に殺害されて以来、大規模報復テロを宣言している。イラク人の米軍相手の武装闘争が広がれば広がるほど、同じ境遇にあるパレスチナ人もイスラエルに対する武装闘争支持に傾くとみられ、パレスチナ問題の解決もいっそう難しくなりそうだ。
(04/10 19:25)

日にちは前後するが、ガザとヨルダン川西岸でのデモ。
ハマスの次の動きは両極端の予想がされているようだ。
ヤシン師殺害の報復。
パレスチナ自治政府入り。
もちろん、後者が望ましいが、前者を望む人もいるだろう。

逆にイスラエルにも対極的に同じ立場の人達がいる。
シオンとの架け橋・イスラエルニュース (m00002445)
****************************************************
2004年4月8日(木)
****************************************************
*シャロン首相の一方的分離案は党員投票で否決される可能性があると
の独自の調査結果を、ネタニヤフ氏が首相に提示。反対派は熱心で投
票率が高いが、賛成派はそれほど熱心ではないため。(P,H,7,I)

ネタニヤフ氏は毎度のことながら精力的である。

その他、「シオンとの架け橋・イスラエルニュース (m00002445)」から気になったニュースをピックアップ。
*ブレア首相が「和平行程表と矛盾しないなら」との条件つきで、シャ
ロン首相の一方的分離案を支持。EU首脳が分離案を支持する考えを
示したのは初めて。(P,I)
****************************************************
2004年4月7日(水)
****************************************************
*スペインのマラティノス外相が「パレスチナ紛争が平和的に解決され
ない限り、アルカイダには勝てない」と発言。シャロン首相側近は「
アルカイダの宣伝に協力する発言だ」と発言を非難した。(P)

[PR]
by barry_lions | 2004-04-13 01:43 | Middle East


<< ガザ地区      あゆみさんからメールが来ましたか? >>


アクセス解析