<< WWE。 最近、見た映画。 >>
2005年 01月 27日
世間とマスコミのエゴイズム
週刊プロレスの元編集長であるターザン山本のコラム。
海老沢会長の辞任について。」なるタイトルで、今回の辞任についての感想を書いている。

なかなか面白いので、引用してみよう。
ボクだったら「もはやこれまで…」と思ってすぐに辞めた。"辞めるが勝ち"という判断をしただろう。
立場が違うといえば違うが、彼(ターザン山本)が「すぐに辞めた」という記憶は無い。。。
彼らは正義をふりかざして、自分の考えが正しいことを証明するかのように間違ったことをした者に対して激しいバッシングを続けていく。

ボクからするとそれってまったくたまったものではないのだ。じゃあ世間とマスコミの正義って一体なんなんだと逆に問い返したいよ。
全くその通りだ。
その投げかけをそのまま、彼(ターザン山本)に投げておこう。

自分の嫉妬をそのまま紙面にぶつけて、馬鹿なプロレスファンをアジったのは、間違い無く彼だ。
そこに「マスコミの正義」など存在しなかったし、「世間の正義」も無かった。

彼の行為こそが、全く持って「ボクからするとそれってまったくたまったものではないのだ。」
特に海老沢会長みたいに飛ぶ鳥を落とすような大権力者には、その反動で辞めろコールが起きる。
恐らく、いや間違い無く彼は、海老沢会長にかつての自分を見ているのだろう。
かつての彼は、プロレス村という小さな社会では「大権力者」であった。

そんな彼も、今やかつてのライバル紙であるゴングなどでコラムを書いている身だ。
世の中はわからないとも言えるが、少しは「世間の正義」も存在したと考えておこう。
[PR]
by barry_lions | 2005-01-27 02:40 | Memo


<< WWE。      最近、見た映画。 >>


アクセス解析