<< 村浜武洋。 <サッカーW杯>日朝サポーター... >>
2005年 02月 11日
Dynasty
24対21。
点数だけ見るとペイトリオッツが接戦を制したかのように感じるが、内容はイーグルスの完敗。
第1Q、インターセプトを含むターンノーバー2つ。
結局、前半に点差を広げられなかった事が最後まで響いた。

念願のスーパーボウル出場を果たしたイーグルスも、スーパー常連のペイトリオッツの前に敗れ去った。

サラリーキャップ制度。
FA。
ドラフトの完全ウェーバー制。
等々。

スーパー連覇が難しいといわれている時代に、4年間で3度のスーパーを制したペイトリオッツ。
まさに王朝。
ペイトリオッツ時代が到来といった感じか。

といいつつも、次のシーズンが始まらないと展開が見えないのもNFL。

追記。
今回のスーパーボウルの放送。
ペイトリオッツ、イーグルス、それぞれチーム紹介用のフィルムが用意されていた(NHKでは放送されなかったけど)。
イーグルスは、ウィル・スミスの紹介フィルムの後にAC/DCの曲に乗って入場。
ペイトリオッツは、毎回お馴染みのオジーの曲で入場。紹介フィルムはなんとMichael Chiklis。
ザ・シールドのヴィック・マッキーだ!ちょっと、ビックリ。
早く第4シーズンを放送してね>AXNさん。
[PR]
by barry_lions | 2005-02-11 03:36 | NFL


<< 村浜武洋。      <サッカーW杯>日朝サポーター... >>


アクセス解析