<< NTSB/323便の謎を追え! エンタープライズ打ち切り。 >>
2005年 03月 04日
NYPDブルー終了。
Cultural pendulum

1993年から続いたNYPDブルーが終了した。
日本では、版権の問題からなのか、シーズン3までの全66話のみ放送されており、スーパーチャンネルの放送予定は「放送未定」のまま変わることが無い。

ABCのニュースでは、番組終了を保守化の流れの一つだと分析している。
人種問題を正面から取り組んだり、ヌードを地上波で流すといった話題で、放送業界と世論に対して正面から向かい合っていたといわれる同番組も、ここ最近の保守化の波に飲まれる形になってしまった、、、ということか。

このナショナリズムの流れと保守化への偏向は、欧州のみならず、日本でもうかがい知ることが出来る。
# 日本のテレビドラマには疎いので、日本のテレビドラマの現状は良く分からないが。

トラックバックURL。
ファンは辛いよねばぎぶannex

参照URL。
NYPDブルー SUPER CHANNEL



From its premiere in 1993, "NYPD Blue" cahanged what was acceptable to say and do on network television.
Creator Steven Bochoco was convinced networks needed to take risks to compete with edgier fare on cable.
It ran for 12 and a half years.
Today, you are often getting a more realistic image in much of television drama.
But the cultural pendulum may be swinging back most notably with the reaction to that infamous wardrobe malfuncion.
One year ago, Bochoco was pressured to dim the lights on a sex scene.
The squad will hand in their badges and guns tonight, having fought long and hard for their side in culture wars.

「NYPDブルー」が始まって全国ネット局の標準が変わった。
ケーブルTVとの競争には冒険が必要と製作者は言う。
番組は12年半続いた。
今のドラマは以前よりリアルになっています。
だが文化の振り子が反転、この事件への反応が好例だ。
ベッドシーンの照明も落とすことに。
長く激しい文化戦争を戦い、今晩、番組は最終回を迎える。
この事件とは昨年のスーパーボウルのポロリ事件だ。

swing of the pendulum 振り子の振れ 世論の変動 党派の浮沈
nudity ヌード映像
profanity 汚い言葉遣い
culture wars 文化戦争

acceptable 受け入れることができる、まあまあの、受諾できる、受理できる
convinced 確信して
notably 顕著に、明白に、特に、目立って、著しく、とりわけ
squad 一団、(分)隊、チーム、小集団、特捜班、班
[PR]
by barry_lions | 2005-03-04 16:21 | TV Drama


<< NTSB/323便の謎を追え!      エンタープライズ打ち切り。 >>


アクセス解析