<< ガザ侵攻 チャンカン@2004 >>
2004年 04月 21日
内外での温度差。
イラクでの人質から解放されて。。。
国内からは大批判をされている解放された3人だが、海外からの評価は正反対だ。

自己責任論を批判 「若者誇るべき」と仏紙
「日本人は人道主義に駆り立てられた若者を誇るべきなのに、政府や保守系メディアは解放された人質の無責任さをこき下ろすことにきゅうきゅうとしている」と批判した。
中略
記事は、「(人質の)若者の純真さと無謀さが(結果として)、死刑制度や難民認定などで国際的に決してよくない日本のイメージを高めた」と評価。パウエル米国務長官が人質に対して、「危険を冒す人がいなければ社会は進歩しない」と慰めの言葉を贈ったことを紹介した。(共同通信)
日本人の多くは「死刑制度や難民認定などで国際的に決してよくない日本のイメージ」なんてもってないはず(知らないだけだが)。

理想と現実を比べて、、、
現実に重きをおくと身動きが取れなくなる人達。
戦地や危険な場所で活動する人達というのは、その現実よりも自分の理想を高く掲げるような人達だ。
# もちろん自分は現実で動けなくなる前者。
今まで世界中の戦地を赴いたボランティアやジャーナリストの方々が、色々な形で命を落としている。
もちろん、今回のイラク同様に危険を顧みない行動の結果だった事だって多々あるはず。
その人達も「自己責任」だから、仕方ないのだろうか?

パウエル氏の発言通り、「危険を冒す人がいないので、日本の社会は進歩していない」。

福田官房長官「邦人保護は政府の責務」=外相が人質事件の経緯を報告
「いかなる状況でも海外にいる邦人の保護に努力するのは政府の責務だ」
まっ、当たり前だよね。
右思考(志向?嗜好?)バリバリの映画で、反戦や反政府運動をしている人が相手国に人質になってしまい、自国の軍隊が命をかけて救出に向かい、最後は「ありがとう」でエンディングがあっても、全然違和感ないもん>ハリウッド映画なら。
でも、日本だと、その後に請求書を渡すシーンが追加される事になるのかな?

<イラク人質事件>福田官房長官、被害者を厳しく批判
「自ら危険な場所へ行って信ずることをやりたいという人を政府が強制的に止めることはできない。しかし、多くの人に迷惑をかけるのに、十分な注意も払わずに自分の主義や信念を通そうとする人に、それを勧めたり称賛すべきだろうか」
と、彼らを応援している人を批判した。
同時に批判している人も批判するならバランスが取れるのだが。。。
[PR]
by barry_lions | 2004-04-21 15:48 | Middle East


<< ガザ侵攻      チャンカン@2004 >>


アクセス解析