<< 京ポンから Breaking News >>
2005年 07月 12日
橋本。
実質、セミリタイヤ中であり、ファンの前から姿を消していた現状で、死去のニュースを聞いても、実感が沸かない。
冬木死後から団体解散及び負傷欠場に辺り、黒い噂が彼の周りを駆け巡り、ネット上で彼を擁護する人は皆無だった。
それでも、彼の復帰戦は、ビックイベントとなるので、色々な団体が虎視眈々と狙っていた矢先の出来事だった。

力道山時代。
BI砲時代。
俺達の時代。
そして、四天王、三銃士時代。

プロレスブームを作ったそれぞれの時代。
それぞれ独りずつ欠けてしまった。
新しい時代が来るのが早いか、プロレスの衰退が早いか。

新日、ノア、全日それにハッスルと橋本に関わりのあった団体のビックマッチがあるが、そこで行われるセレモニーを見て、橋本が死んだ実感が沸くんだろうな~と。
ハッスルはこれからスキットと展開に、どんな変更が出来るのかが注目。


トラックバックURL。
橋本真也さん急死!!みるくてぃーをひとくち
橋本真也、急死プロレス専門BLOG「ブラック・アイ」
プロレスラー橋本真也氏、死去・・・WHO'S THE JUNKIE ?
「爆勝宣言」天龍チョップ
[PR]
by barry_lions | 2005-07-12 12:45 | Battle


<< 京ポンから      Breaking News >>


アクセス解析