<< 亀は意外と速く泳ぐ サワー優勝。 >>
2005年 07月 25日
ノア@ドーム。
a0011865_21473793.jpg
近年稀に見るくらいの超満員で行われた今回のドーム興行。
休憩無しというのが辛かったが、大成功のドーム大会だった。

なんといっても、セミの小橋VS健介。
面白かったという表現よりも、凄かったという表現が適切だろう。
が、その凄かったというよりも、馬鹿だったという方が当てはまっている。

延々と続く逆水平チョップ合戦には、もう笑うしか無かった。
あの手のノリは、プロレスでしか表現出来ないモノ。
二人のプロレス馬鹿には、もう脱帽するしかないだろう。

良くプロレスを他の格闘技(PRIDEやK-1など)と比較している人がいるが、それは(自分には)ナンセンスと感じる(もちろん、良い面を吸収したり、反面教師にするのは間違っていないとは思うが)。
この試合をプロレスファン以外の人が見て、もし何も感じないというのなら嗜好が違うだけ、何も気にすることは無いのに。
UWF全盛の時代、天龍と阿修羅が復刻した古いプロレスの流れを、世代を超えて受け継がれているいるような気がした。

メインは、四天王プロレスの切なさが蘇ってくる内容。
二人の空白の5年間は、新しいスタイルを構築するまでは至らなかったのか、同じムーブで二人が戦うというどこかで見たことのある展開。
が、空白が長かったのが左右したのか、試合の間や技の攻防がピタリとハマるまでは至らず、チグハグな部分も見られ、それがまた試合の切なさを助長させた。

ちなみに、この日、一番注目したカードは、棚橋と力皇の一戦。
試合巧者の棚橋が、力皇をどこまで引き上げられるかに興味があったのだが、最後までかみ合わなかった。
出身が違うものの初対決という点を考えると、注目に値する戦いではあったはずだが、多くの観客が休憩タイムと判断した。
そしてそれは、試合内容を見る限り、正しい判断だったといえる。
この対決が数年後「実は実現していた」というカードになる為には、これからの二人に期待するしかないだろう。

大成功のドーム大会だったが、プロレス界の明日が見えなかったという事が、唯一の落胆する点であったのかもしれない。
[PR]
by barry_lions | 2005-07-25 21:44 | Battle


<< 亀は意外と速く泳ぐ      サワー優勝。 >>


アクセス解析