<< NYJ@BAL Week4 NYG@SD Week3 >>
2005年 10月 16日
トゥルーコーリング
シーズン終了を受けて(その1)
無念の死を迎えた者が、彼女に「助けて」と救いを求めると、人知を超えた力が働き、その日の朝に逆戻りする、という時間逆行現象が起こる。つまり、死ぬにはまだ早すぎる人たちの人生最後の1日を、彼女だけが“再びやり直す”ことができるのだ。
面白い設定に興味を惹かれて、シーズン1を見ることに。
パイロットの第1話と続く第2話のシナリオは、とても良く出来ていたと思う。
が、途中から、ご都合主義というかストーリーの強引さが目に付くようになる。

理由は簡単。
トゥルーの能力によるドラマ性を際立たせる為、彼女の身の回りに沢山の不幸が降りかかる(降りかかせてしまった)。
もし、彼女がその能力を持っていなかったら、彼女の周りの大切な人は、全て死ぬか刑務所に行ってしまうという勢いだ。
いくらなんでも、それはやりすぎでは?

シーズン中盤から、ジェイソン・ プリーストリー演じるジャックが出てきて、物語に深みが出てくる。
いや、シナリオの臭さは相変わらずなのだが、アメリカ人の好きな(?)運命論が物語の中軸として、\存在する分、受け入れやすくなった。

死に対する無念を託されたトゥルーは、彼や彼女らの運命を変えるべく、一日をやり直す。
対するジャックは、一度行われた運命が変わらないように、一日をやり直す。

運命は(神が決めた)絶対的なものだから、変えてはならないというジャックの理論。
こちらを主人公にして、シナリオを作り直した方が面白いのでは?とも思ってしまう。
そうすると、トゥルーが悪役となり、偽善者色が強くなり、物語りに幅が出るし、、、

シーズンフィナーレは、トゥルーの誕生日パーティー(だったかな?)に、敵味方全てが集まり、1ショットに収まるという珍しいパターン。
クリフハンガーという形式は取らないものの、続きますよという感じになっていて、なかなか面白い。

結局、このドラマは、シーズン2途中で打ち切られたとのこと。

20th CENTURY FOX HOME ENTERTAINMENT トゥルーコーリング
[PR]
by barry_lions | 2005-10-16 11:50 | TV Drama


<< NYJ@BAL Week4      NYG@SD Week3 >>


アクセス解析