<< サイクルロードレース@J SP... 一方的な撤退案とロードマップ >>
2004年 05月 07日
ハッスル3、カードを大幅に変更。
OH砲の対戦相手(メインのカード)との「交渉が難航」と伝えられていた「ハッスル3」がゴールドバーグの欠場に伴い、全カードを発表した。

川田激怒!対戦相手ゴールドバーグが欠場
OH砲の相手は210センチと195センチ
第9試合(メイン)
小川直也、橋本真也 vs ケビン・ナッシュ、スコット・ホール

第8試合【3冠ヘビー級選手権】(セミ)
川田利明(王者) vs ミック・フォーリー(挑戦者)
メインのカード。
ジ・アウトサイダーズ、ウルフパック、元祖(?)nWoだ。
当初の噂では、レズナーとかオースチンとかの名前が挙がっており、「まず話はまとまらないだろう」というのが大方の見方だったが、これはこれで面白い!
ケビン・ナッシュは、ゴーバーと同じくキャラのみだが、スコット・ホールは実力者。
あまり試合の組み立てがヨロシクない3人に囲まれて、スコット・ホールがどのように立ち回るかで試合の面白さが分かれて来る。

ジ・アウトサイダーズといえば、NWOとして新日本のマットに上がったもののインパクトを残せずに終わっている。
今回もカード的にOH砲の負け役として呼ばれた可能性が高いだけに、どれだけモチベーションを保っていられるかが疑問だが、ここはグッドジョバーではなく、OH砲を食ってしまうくらいの負け役になってもらいたいところだ。

セミのカード。
ゴーバーが怪我で欠場との事だが、PRIDEはシウバ欠場で払い戻しをしている。
ゴーバー目当てでチケットを買ったファンに失礼なのでは?とも思うが、カード的には面白くなったと思う。
ミック・フォーリーといえば、キャクタス・ジャックで全日に初来日したので川田との対戦もあったかもしれない。
しかし、その後、日本ではFMWやIWAジャパン、アメリカではECWでハードコアの実績を作り、WWF(現WWE)のハードコア路線を定着させたわけで、新鮮味が無いわけではない。
しかも、三冠戦。

ソッコに口を突っ込まれている川田が見たい!
このミスマッチ、かなり面白いかも。。。

PPV購入決定!
それにしても、ハッスルシリーズはアメプロ路線といっても、今回のカードは微妙にハッスルシリーズの方向性とズレている気がするのは気のせいだろうか?
[PR]
by barry_lions | 2004-05-07 10:59 | Battle


<< サイクルロードレース@J SP...      一方的な撤退案とロードマップ >>


アクセス解析