<< ハッスル3@0508 ジロ・デ・イタリア2004 >>
2004年 05月 09日
ロードマップの遅滞認める、米大統領。
といっても、いまさらなわけですが。
で、0508のパレスチナ関連です。

イスラエル治安部隊、パレスチナ人4人射殺
 イスラエル紙ハーレツ(電子版)によると、イスラエル治安部隊は7日、ヨルダン川西岸のトルカレムやナブルスなど各地でパレスチナ武装勢力と衝突し、パレスチナ人計4人を射殺した。うち2人はイスラム原理主義組織、イスラム聖戦のメンバーという。
ヒズボラと交戦、イスラエル兵6人死傷
 イスラエル放送などによると、同国北部のレバノンとの国境地帯にある係争地シェバア農場付近で7日、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラがイスラエル軍陣地に対し、対戦車ミサイルや迫撃砲で攻撃を行った。
イスラエル:シーア派武装組織「ヒズボラ」と戦闘--北部のレバノン国境付近
 イスラエル兵1人が死亡、4人が負傷したが、ヒズボラ側の被害は不明。両者間の戦闘はこの3日間で3度目。
ヒズボラとイスラエル軍との戦闘が続いている。
これで連続して3日間の争いだ。

05年のパレスチナ建国「難しい」 米大統領が認める
 ブッシュ米大統領は7日、米国が主導する中東和平ロードマップ(行程表)に基づいて05年までに中東紛争を解決し、パレスチナ国家を樹立するという方針が「現実的ではない」との認識を明らかにした。エジプト紙アルアハラムとの会見で語った。行程表の提唱者がみずから目標達成の先送りを表明した形だ。

ロードマップは3段階を経て、パレスチナ紛争を安定へと進める行程表であった(過去形)。

PHASE I
暴力の連鎖を止めて、パレスチナの安定と組織を確立(~2003年5月)。
PHASE II
パレスチナ国家設立の為の移行期間(2003年6月から12月)。
PHASE III
永久的地位合意及び紛争の終結(2004年~2005年)

会見でロードマップの可能性を問われたブッシュ大統領は「05年は難しいだろう。05年はすぐそこまで来ている」と答えたという。
いや、第一行程からすでに躓いていると思う。
結局、ブッシュ政権の方向転換により、中東に深く関わるようになったのだが、パレスチナ問題の大きさをブッシュ政権が甘く見ていたツケが回ってきている。
[PR]
by barry_lions | 2004-05-09 05:13 | Middle East


<< ハッスル3@0508      ジロ・デ・イタリア2004 >>


アクセス解析