<< さよなら!エディ。 Week7の放送予定。 >>
2005年 11月 10日
暴動@憎しみ
パリの暴動。
鎮圧出来ないのが不思議でならないが、EUが抱える移民の問題は今に始まったことではないので、驚きも少ない。
この暴動、結局は更なる右傾を呼び、暴動を起こしている当人達の首を締めている気がしないでもない。

さて、パリ暴動を調べていたら面白いのが出てきた。
パリ郊外の貧民の町で少年が警察から暴行を受けて瀕死状態になった。日頃から警察を嫉ましく思っていた青年が拳銃を拾ったことからやがて暴動への気運が高まる。
全然知らなかったが、「クリムゾン・リバー」でも手を組んだマチュー・カソヴィッツ監督とヴァンサン・カッセル主演の作品「憎しみ」。

今回の事件と照らし合わせて見ると、とても興味深いかもしれない。
どこかのチャンネルで放送してくれないかな?
[PR]
by barry_lions | 2005-11-10 18:48 | Memo


<< さよなら!エディ。      Week7の放送予定。 >>


アクセス解析