<< PRIDE武士道、カード発表 0510パレスチナ関連。 >>
2004年 05月 11日
衝突は続く。
イスラエル軍、ガザ地区周辺を攻撃
 イスラエル軍は11日、武装ヘリコプターを伴い、パレスチナ武装勢力の拠点とされるガザ地区周辺を攻撃し、激しい銃撃戦の末、少なくとも武装勢力の2人が負傷した。
再送:イスラエル軍、ガザ地区周辺を攻撃
 あるイスラエル軍筋は、「軍を投入しテロリストの拠点を攻撃している」と述べた。
 ガザ地区撤退計画が与党リクードの党員投票で2日に否決されたのを受け、シャロン首相は、新たな計画の策定に入っているが、パレスチナ武装勢力の掃討継続を打ち出している。
ガザ地区での衝突は続いている。
今度はイスラエル軍による武装ヘリコプターでの攻撃だ。
シャロン首相にとっては、武装勢力の一掃が治安の安定に繋がると思っているのだろうが、もし現存する武装勢力が鎮圧出来たとしても、根本的な遺恨の火種は残る。

ガザで衝突、イスラエル軍兵士6人が死亡
 パレスチナ自治区ガザ市南部で11日、イスラエル軍とパレスチナ人武装グループが衝突、軍の車両が爆破され、イスラエル軍兵士6人が死亡した。(共同)
ガザで衝突、10人死亡 イスラエル軍車両爆破
 イスラエルのシャロン首相が打ち出している和平交渉によらないガザ地区撤退を前に、軍はイスラム原理主義組織ハマスなどの過激派壊滅作戦を続けているが、6人もの兵士が死亡したことで、軍は作戦を一層強化するとみられる。
パレスチナ:ガザでイスラエル軍と住民が衝突、10人死亡
 イスラエル軍は過激派の武器・弾薬製造工場の発見、破壊を目的として、同日未明からヘリコプターや装甲車などで侵攻、武装グループと激しい銃撃戦を展開した。軍車両の爆破に関して、原理主義組織イスラム聖戦が犯行声明を出した。
同じくガザ地区での衝突。
こちらでは、イスラエル兵が6人死亡した。
パレスチナの住民なのか過激派なのかはともかく、戦闘が続くと和平交渉がイスラエル右派に有利に働く恐れがある。いや、有利に働くであろう。
[PR]
by barry_lions | 2004-05-11 16:44 | Middle East


<< PRIDE武士道、カード発表      0510パレスチナ関連。 >>


アクセス解析