<< シャロン新党結成へ。 エディ・ゲレロ選手追悼番組 >>
2005年 11月 21日
10年と1年。
キャンプデービットでの歴史的握手を交わした2人が死去して、それぞれ10年と1年がたった。

10万人以上(主催者発表は20万人)が集まったラビン元首相の追悼集会で、クリントン前米大統領が演説した。
"I loved him very much, and I was in awe of his ability to move from being a soldier to being a peacemaker, a politician to a statesman," said former U.S. President Bill Clinton, who forged a deep bond with the Israeli leader as he sought to broker Mideast peace.

"If he were here, he would say, 'There is enough of all this missing. If you really think I lived a good life, if you think I made a noble sacrifice in death, then for goodness sakes take up my work and see it through to the end,"' Clinton said.

Clinton ended his speech by saying "Shalom Haver," Hebrew for "Goodbye friend," the same words he famously used to bid farewell to Rabin at the Israeli leader's funeral.
ラビン氏とパレスチナ解放機構のアラファト議長が調印したオスロ合意を仲介したクリントン前米大統領は式典に参加し、「(ラビン氏が)大好きだった。兵士から平和を築く人、政治家、国のことを考える一流の政治家へと転身する様子に、私は圧倒されていた」と挨拶。「(ラビン氏が)もしここにいたら、こう言うだろう。『私の不在を嘆くのはもうたくさんだ。私がいい人生を送ったと本当に思うなら、私が死によって崇高な犠牲を払ったと本当に思っているなら、お願いだから私の跡を継いで、私の仕事を最後までやり遂げて欲しい』と、そういう言っているはずだ」と和平実現への努力継続を呼びかけた。
アラファト元議長がフランスの病院で死去してから1年がたった。
パレスチナは、アラファトの死後も混迷したままだ。

元凶といわれたアラファトが去った後も、パレスチナという運動体を操縦出来る人物がいない現状では、和平への道は遠いのだろうか?

A decade after murder, thousands mourn beloved premier
ラビン首相暗殺から10年、和平祈る追悼集会に数十万人
[PR]
by barry_lions | 2005-11-21 19:14 | Middle East


<< シャロン新党結成へ。      エディ・ゲレロ選手追悼番組 >>


アクセス解析