<< よくばりパック 10年と1年。 >>
2005年 11月 24日
シャロン新党結成へ。
エルサレム――イスラエルのシャロン首相(77)が21日、与党の右派リクードを離党、新党を創設し、前倒しの総選挙に臨むことを発表した問題で、同国主要紙は22日、政党別の予想獲得議席に関する世論調査結果を発表、新党が最大33議席を握って最大政党に躍り出て、シャロン首相の続投が決まる、との見通しを示した。
 「国家責任党」は21日、エルサレムで初会合を開き、オルメルト財務相やリブニ法相らリクード議員10人余りが出席した。このほか、労働党の一部議員や対内諜報(ちょうほう)機関シンベト元長官、大学教授らも同党に加わると見られている。
ガザ地区からの撤退には、国民の強い支持があり、総選挙の賞賛を見込んでの新党立ち上げと見られている。
連立政権から離脱する労働党からは、ペレス氏が加わると噂されており、知名度のある彼を取り込んだ勢いに乗り、第一政党に名乗り出る目論見だ。

が、ガザ地区撤退には、高い支持と同時に強い反発もあり、ペレス氏も今のところ参加を否定している。

ともあれ、右の鷹派であったシャロンが、本格的に中道寄りになった事により、イスラエルの政局が変わるのは間違い無いだろう。
それにより、彼の過去の行為(見方によれば愚行)が許されるとは思えないが。。。

シャロン氏新党が最大政党か、選挙は3月28日実施と
シャロン新党結成、政権維持へ賭け…大規模政界再編も
[PR]
by barry_lions | 2005-11-24 15:34 | Middle East


<< よくばりパック      10年と1年。 >>


アクセス解析