<< Miami Vice エンタープライズ >>
2005年 12月 20日
Happy Holidays!
a0011865_1961364.jpg
アメフトのテレビ中継で、「Merry Christmas」が画面から消えて「Happy Holidays」となったのはいつ頃だろう?
他宗教の人々の事を考え、キリスト教色を抑えながらアメリカの文化となったクリスマスを祝うという流れのようだ。
クリスマスカードは、日本の年賀状みたいな役割として人々を結び付けているのかもしれない。

で、昨年のニュースで「クリスマスの聖歌」も問題になっていた。
クリスマスに聖歌を歌うのを辞めた方が良いとする派とそこまで辞める事は無いのではないか?という派が議論をしていた。

宗教が強くない日本に住み、他人の宗教に対して無頓着な人が多い(含む自分)日本人には、ちょっと理解し難い問題だ。

「別にいいじゃん?」と思ってしまう。
a0011865_1965954.jpg
そして、今年話題になったのは「クリスマスツリー」。
ツリーの飾り付けや名前が問題になっているらしい。
「ホリデーツリー」に変更するか「クリスマスツリー」のままなのか。
雑誌やテレビで、ツリーやイルミネーションが話題になっている日本には、まったく関係の無い話のように聞こえてしまう。
政府の方針では、名称は何でも良く、非宗教的シンボルで囲むという条件でキリスト降臨などの絵を展示して良いそうだ。
ちなみに最高裁は「宗教であると同時に文化でもあるので問題無い」という判断だそうだ。

大げさな話、このまま進んだら、100年後にはクリスマスの文化が日本だけのものになってしまっているかも?
中国やシルクロードから入ってきた文化の終着駅が日本だったように、アメリカかぶれと批判されている現在の日本も将来的には評価されたりして?いや、しない?
[PR]
by barry_lions | 2005-12-20 20:35 | Memo


<< Miami Vice      エンタープライズ >>


アクセス解析