<< 戦争論-平和への道。 ドーン・オブ・ザ・デッド(Da... >>
2004年 05月 18日
0517@パレスチナ関連
0517のパレスチナ関連ニュースをピックアップ。

ガザ撤退求め15万人デモ
 労働党党首のペレス元首相は「これは左翼の集会ではない。(国民の)多数派の集会だ。(与党リクードの党員投票で撤退案に反対した)過激な右派の投票者より四倍多い人々がここに集っている」と発言した。
イスラエル 和平派が大規模集会 12-15万人、首相撤退案に追い風?
 党員投票で否決されつつも、一部修正でガザ撤退案を堅持する姿勢をみせているシャロン首相にとって、和平推進派からの「ガザ撤退支持」は追い風になるとの分析が多いものの、十六日付地元紙などによると、首相周辺では大規模平和集会をめぐる評価は割れている。左派の支持で、逆に与党や連立右派がますます撤退案に抵抗を強める可能性もあるからだ。
 一方、パレスチナ自治政府のクレイ首相とパウエル米国務長官が十五日、ヨルダンの首都アンマンで会談し、パウエル長官はシャロン首相の一方的ガザ撤退案への支持を促したのに対し、ガザ撤退案が逆にヨルダン川西岸の占領固定化につながることを懸念するクレイ首相は新和平案「ロードマップ」(行程表)の履行を米政府が確約するよう求めたもようだ。
これは昨日エントリーの続き。
先日の大規模な集会が、イスラエル政権にどんな影響を及ぼすか。
ともあれ、シャロンのリクード内での孤立が強まりそうではある。

イスラエル軍、ガザのパレスチナ人住居数百軒撤去へ
国連はこれまでに80軒以上が破壊され、1000人以上が住居を失ったと批判している。イスラエル最高裁は同日、民家破壊は作戦上の理由で正当化できるとして、停止を求めるパレスチナ人の訴えを却下した。イスラエルの民間テレビ局チャンネル2によると、軍は民家撤去後に溝を掘り、武器密輸のトンネルが掘れないようにすることを計画しているという。
パレスチナ:イスラエル軍の道路拡張で1000人家失う
 UNRWA報道官によると、イスラエル軍は14日以降、206家族が暮らす88戸の住宅を破壊、1064人の住民が住み家を追われた。同報道官は「インティファーダ(反イスラエル抵抗闘争)が始まって以来、ラファにとって最悪の日々だ」と指摘。ヨルダン訪問中のパウエル米国務長官は「イスラエルが自衛権を有していることは分かるが、ラファでのパレスチナ人民家の破壊には反対だ」と語った。
(中略)
 地元住民は家屋破壊の中止を求める訴えを起こしたが、イスラエル最高裁は16日、緊急時の兵士保護のためには民家破壊も認められると判断した。イスラエル放送によると、イスラエル軍のヤアロン参謀総長はこの日の閣議で「さらに数百戸のパレスチナ人住宅が取り壊しの対象になっている」と発言、武装勢力側の出方次第で破壊範囲を広げる考えを示唆した。
イスラエル軍、ガザ攻撃を強化 ラファの孤立図る
イスラエル軍は、ラファに武器の密輸ルートや武装勢力の潜伏場所があるとみている。同軍は拠点施設や民家を破壊し、堀を作るなどして、ラファの孤立を図る作戦だという。
これも昨日までのまとめだ。
ガザ地区からの撤退を謳いながら、ガザ地区のパレスチナ人の民家を破壊していく。
これでは、シャロンの撤退案をパレスチナ人が受け入れることは無いのかもしれない。
その他のニュース。

最終地位交渉での解決約束=イスラエルとパレスチナの紛争で米補佐官
ベルリン17日時事】ドイツ訪問中のライス米大統領補佐官(国家安全保障担当)は17日、ベルリンでパレスチナ自治政府のクレイ首相と会談し、イスラエルとパレスチナの紛争は両者による最終地位交渉で解決されると約束した。
パレスチナ首相、独首相・米補佐官と相次ぎ会談
 クレイ首相とライス補佐官は一時間半近く会談した。ライス補佐官は会談後、米からイスラエルに「こうした活動は良い環境をもたらさない」と指摘したと明らかにした。補佐官は「イスラエルとパレスチナの当事者間による解決が重要」とも伝えたもようで、米政権が和平交渉で中立姿勢を保つことを印象づけた。
イスラエル軍、境界接近のパレスチナ人3人を殺害
パレスチナ人3人殺害か=ガザ
 【エルサレム17日時事】イスラエル軍によると、同国とガザ地区の境界付近で16日夜、フェンスを越えてイスラエルへの侵入を試みたパレスチナ人3人にイスラエル兵が発砲、3人が所持していたとみられる爆発物が爆発した。3人は死亡したもようだ。
パレスチナ:ガザ地区でイスラエル軍が3人射殺
 軍報道官は射殺の理由について、3人がテロ防止を目的にイスラエルが設置した境界沿いのフェンス付近にいたためと説明。3人は爆発物を仕掛けるため、イスラエル領に侵入しようとした疑いがあるという。

[PR]
by barry_lions | 2004-05-18 01:47 | Middle East


<< 戦争論-平和への道。      ドーン・オブ・ザ・デッド(Da... >>


アクセス解析