<< デモに対してミサイル攻撃。 0518~19のガザ地区。 >>
2004年 05月 19日
0519のパレスチナ関連
「ラファはパレスチナ人に生き地獄」 国連担当者
 UNRWAのブリッソン氏は現地スタッフの報告として、「状態は非常に悪い。非常に緊迫している。誰もこの地域に入れない。ラファのパレスチナ人は生き地獄の中にいる」と指摘。
「イスラエル軍はUNRWA運営の学校を戦車で占領している。住民は家に鍵をかけて中に閉じこもり、イスラエル軍と武装抵抗勢力の激しい戦闘から避難している」とブリッソン氏は話した。
またラファ近くのテルスルタンにもイスラエル軍は侵攻しており、住民約1万5000人が外出禁止状態に置かれているという。
米、イスラエルで二正面外交
【ワシントン=森安健】米ブッシュ政権は18日、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザ攻撃に強い懸念を表明する一方、ブッシュ大統領がユダヤ人組織を前に「イスラエルには自衛権のあらゆる権利がある」と語るなど「二正面外交」ともいえる姿勢を見せた。大統領選を控え、大きな影響力を持つユダヤ票を意識しながらも、強まる反米感情にも配慮しなければならない複雑な立場が表れた。
イスラエル、ガザ南部侵攻で「トンネル対策」を強調
 イスラエル紙ハーレツ(電子版)によると、同国のヤアロン参謀総長は18日、ラファでの大規模な軍事作戦について「エジプトからの武器密輸用のトンネルを破壊するのが目的であり、民家の破壊は必要最小限にとどめる」と述べた。
即時停戦呼び掛け=パレスチナ首相
 【エルサレム19日時事】マドリードからの報道によると、パレスチナ自治政府のクレイ首相は19日、サパテロ・スペイン首相との共同会見で、イスラエル軍によるガザ地区での作戦で死者が急増している事態を受け、即時停戦を呼び掛けた。 

[PR]
by barry_lions | 2004-05-19 16:52 | Middle East


<< デモに対してミサイル攻撃。      0518~19のガザ地区。 >>


アクセス解析