<< 第2ステージ、第3ステージ(ジ... ジロ・デ・イタリア2004、第... >>
2004年 05月 26日
エジプトの治安警察官がパレスチナ自治区へ。
エジプト情報長官、シャロン首相、アラファト議長と会談
 ロンドン発行のアラビア語紙アルハヤトによると、同長官とシャロン首相との会談では、エジプトからパレスチナ側に武器が渡らないようエジプト側が対策を強化すること、およびエジプトが、パレスチナ治安警察の訓練をすることなどが話し合われた。
 会談後、イスラエルのカツァブ大統領は、「パレスチナのテロを停止させることはイスラエルのみならず、エジプトとヨルダンにとっても利益になる」と語った。
 アラファト議長はスレイマン長官との会談後、「エジプトは平和の確立と、イスラエルの占領を終結させるための協力をしてくれている」と語り、エジプトの仲介工作に謝意を表した。
エジプトは仲介役として、治安警察官をパレスチナ自治区へ送り、パレスチナ治安警察の訓練等を行うようだ。
ガザの大規模な進行の大義名分の一つとなった「パレスチナへの武器密輸トンネル」で繋がっていたのが、エジプト。
この辺りも絡んでいるのかもしれない。

全然関係無いが、この手の大手サイトも「機種依存文字」を使用。

アラブ連盟事務局長演説に加盟国が反発-汎アラブ紙
 報道によると、ムーサ事務局長の演説は、アラブ諸国の多くがアラブ連盟を分裂させようとしているとして全アラブ諸国を批判しており、これに多数の諸国の代表団が反発したというもの
イスラエル国内同様に、アラブ諸国も決して一枚岩ではない。
これらの国をまとめるのは、なかなか至難の業なのかもしれない。

「市民虐殺」に怒りの声 イスラエル軍への抗議ビラ配布--下京で /京都
 パレスチナ自治区の都市ラファで、イスラエル軍が同市を包囲し多数の住民らを殺害している問題で、京都の市民団体「さぼてん企画」が、下京区の四条河原町交差点で、イスラエル政府や軍に抗議するビラをまいた。破壊された家や軍に暴行される市民など、同自治区の惨状を撮った写真も路上に展示、道ゆく人々に支援を呼びかけた。
23日、京都でのアクションこれの事かな?
P-navi infoより。
[PR]
by barry_lions | 2004-05-26 12:01 | Middle East


<< 第2ステージ、第3ステージ(ジ...      ジロ・デ・イタリア2004、第... >>


アクセス解析