<< 久しぶりにイラクの話題(0526) エジプトの治安警察官がパレスチ... >>
2004年 05月 26日
第2ステージ、第3ステージ(ジロ・デ・イタリア2004)。
第2ステージ。
終盤、サエコが先頭のプロトン前方に集結。
シモーニを中心にレースを支配する姿は美しい。
そのままゴールスプリントになり、マクギーをさした新鋭クネゴがステージ優勝。
マクギーはステージ優勝は逃すも、一日でマリア・ローザを取り戻す。

1 Cunego Damiano Ita Sae 4:37:08
2 Mc Gee Bradley Aus Fdj m.t.
3 Moreni Cristian Ita Alb m.t.
4 Astarloa Igor Esp Lam m.t.
5 Mazzoleni Eddy Ita Sae m.t.
6 Trampusch Gerhard Aut a&S m.t.
7 Rebellin Davide Ita Gst m.t.
8 Garzelli Stefano Ita Vin m.t.
9 Di Grande Giuseppe Ita Fpf m.t.
10 Popovych Yaroslav Ukr Lan m.t.

第3ステージ。
シモーニが、サエコ本社近くにゴールが設定されたこのステージを、公約どおり制した!
凄い!凄い!
つまりは、昨日に続きサエコがステージ優勝。
そして、シモーニは、マリア・ローザを手中にした。
というわけで、再びマクギーは、一日でマリア・ローザを手放す事に。

1 Simoni Gilberto Ita Sae 5:46:09
2 Cunego Damiano Ita Sae 0:15
3 Pellizotti Franco Ita Alb 0:16
4 Figueras Giuliano Ita Pan m.t.
5 Popovych Yaroslav Ukr Lan m.t.
6 Mazzoleni Eddy Ita Sae 0:32
7 Trampusch Gerhard Aut A&S m.t.
8 Garzelli Stefano Ita Vin 0:34
9 Cioni Dario David Ita Fas m.t.
10 Noe' Andrea Ita Alb m.t.
ついでに、本日放送の第4ステージの見所を。
第4ステージ(5月12日(水))は、トスカナ地方に入る。プロトンはポッレッタ・テルメから、チヴィテッラ・ヴァル・ディ・キアナを走り、デル・トンゴ工場近くでゴール。この会社が、1980年代から90年代初頭まで(スポンサーとして)自転車レースに貢献したことに対するオマージュだ。ベップ・サローニや、マリオ・チポッリーニなどの選手が、デル・トンゴのチームジャージを着て無数の勝利を収めた。ここは、スプリンターのためのステージになりそう。スーパー・マリオは、デル・トンゴで勝てば、デル・トンゴに対するいいプレゼントになるはずだ。
大きな山岳は終盤に控えていて、本日は平坦なステージ。
といっても、軽めアップダウンはあるんだろうけど(自分なんかはヒーヒーいってしまうんだろうなぁ~)。

トラックバックURL。
ジロ・デ・イタリア2004 第4ステージ ふいちんのぬるま湯生活。
[PR]
by barry_lions | 2004-05-26 15:12 | Bicycle


<< 久しぶりにイラクの話題(0526)      エジプトの治安警察官がパレスチ... >>


アクセス解析