<< 「一方的な撤退案」の修正案。 第4ステージ(ジロ・デ・イタリ... >>
2004年 05月 27日
0527の中東関連をピックアップ
パレスチナ人2人死亡=ガザ
【エルサレム26日時事】パレスチナ自治区からの報道によると、ガザ地区南部のラファで26日、エジプト国境付近のイスラエル軍監視ポスト方向からの発砲を受けたパレスチナ人1人が死亡した。
核機密報道の英記者逮捕=「治安に関する違反」で取り調べ-イスラエル
【エルサレム26日時事】イスラエル警察は26日夜、同国の元核技師モルデハイ・バヌヌ氏の暴露情報を基に、1986年に英紙サンデー・タイムズでイスラエルの核兵器開発・保有に関する記事を報じた英国人ジャーナリストのピーター・ホーナム氏をエルサレム市内で逮捕した。
イラク:サドル師がマフディ軍のナジャフ撤退に同意
【バグダッド山科武司】イスラム教シーア派の反米指導者ムクタダ・サドル師が26日、イラク中部シーア派の聖地ナジャフから、同師の民兵組織「マフディ軍」を撤退させることに同意した。AP通信が27日、イラク暫定内閣の安全保障担当補佐官であるルバイエ氏の話として伝えた。

 ルバイエ氏によると、サドル師はナジャフのシーア派聖職者らにあてた書簡で撤退同意を明らかにした。この中でサドル師は、占領軍も撤退し、イラク警察が市内を統治することを認めるよう要求した。

 一方、ロイター通信などによると、26日未明にナジャフで起きた米軍とマフディ軍の戦闘による民兵側の死者は約50人に上った。米軍はサドル師氏の側近を拘束するなど大規模な掃討作戦を行っている模様で、バグダッド郊外のサドルシティーでも両者が衝突し、約20人の民兵が死亡した。サドル師の撤退提案が実現するかどうかは不透明だ。

毎日新聞 2004年5月27日 11時51分

[PR]
by barry_lions | 2004-05-27 16:52 | Middle East


<< 「一方的な撤退案」の修正案。      第4ステージ(ジロ・デ・イタリ... >>


アクセス解析