<< 第5ステージ(ジロ・デ・イタリ... 0529の中東関連をピックアップ。 >>
2004年 05月 29日
「一方的な撤退案」の閣議採決を延期。
イスラエル首相、ガザ撤退計画の閣議採決を延期
 イスラエルのシャロン首相は28日、ガザ地区撤退計画に関する閣議の採決を延期した。連立内閣の崩壊につながりかねない閣僚の反乱を事前に避けたと見られる。

イスラエル首相、ガザ撤退計画の閣議採決を延期
 政界筋によると、30日の閣議で予定されていた採決は無期限に延期された。
 ただ、首相は、撤退計画に強く反対する与党リクード党員である閣僚に対する説得工作を続ける方針。
ガザ撤退案の閣議採決延期=閣僚への説得工作継続-イスラエル報道
ガザ撤退案の閣議採決延期、閣僚に説得継続 イスラエル
 イスラエルの民間テレビ「チャンネル2」は28日夜、シャロン首相が30日の閣議で予定していたパレスチナ・ガザ地区からの撤退計画に関する採決の延期を決めたと報じた。過半数の閣僚から支持が得られておらず、首相は説得工作を続ける方針だ。
イスラエル首相、ガザ撤退案の閣議採決を延期
【カイロ=松尾博文】イスラエル放送によると、同国のシャロン首相はガザ地区からの一方的撤退計画について当初予定していた30日の閣議では採決しない方針を固めた。承認に必要な閣僚過半数の支持を得るのが難しいと判断したためとみられ、閣議では計画案の内容を議論するだけにとどめる。撤退計画に反対しているネタニヤフ財務相(元首相)らを更迭するとの観測も浮上している。
結局、閣議採決は延期になったようだ。
リクード党内の意見をまとめることと、連立内閣を再編成することを、最優先するらしい。
[PR]
by barry_lions | 2004-05-29 17:09 | Middle East


<< 第5ステージ(ジロ・デ・イタリ...      0529の中東関連をピックアップ。 >>


アクセス解析