<< 無敗。 喜瀬ビーチのラウンジ >>
2006年 06月 08日
PRIDE騒動。
a0011865_16371523.jpgPRIDEやハッスルシリーズを主催しているDSEとの契約をフジテレビが電撃解除した。
これによりフジテレビ系列での放送が完全に無くなった。
また、試合以外でのスポーツバラエティにおいてもDSEと契約している選手を以後出演させないという徹底ぶりで、フジはDSEをバッサリと切り離した。
DSEは、運転資金の大半を占めるといわれる放送権による収入が無くなり、PRIDE自体の存続も危ういというのが今の状況だ。

PPVで放送しているスカパーの大株主にフジテレビ
がいるわけで、スカパーの放送も無くなるのでは?というのが大方の見方だ。
それを裏付けるように、スカパーの放送予定からDSE関連の情報が消されている。

また、DSEという会社もWikipediaの書き込みによれば、スカパーがテレビ制作会社のイースト
と共同で出資しているようだ。
そうなると、フジの孫会社みたいなDSE自体の存続にも疑問が残る。

週刊誌の暴露記事で、暴力団との関係が露呈したのがきっかけとされているが、この業界に関わらず、多かれ少なかれ、あっちの業界とは皆さん繋がりがあるわけで。。。
過去、色々な芸能人やスポーツ選手または政治家さんが、ヤクサ屋さんとの繋がりがバレて大騒ぎになったりするわけだが、消えていく人は少数で、多くの人が生き残り、もしくはあまり話題にもならなかったりする。
# 亀田親子はどうした?

ともあれ、フジテレビがそれだけの事でPRIDEやハッスルを手放すのだろうか?
脱税と暴力団を使った脅迫行為にそれほどの差があるとは思えないが、石井館長の脱税でK-1の放送が無くなってはいない。

脱税 → 5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金
脅迫行為 → 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

まぁ~、スポンサーの問題とか、もっと複雑で相容れない事情があるんだろうなぁ~と勝手に推測。

そんなわけで、日本の総合格闘技界のトップを走ってきたPRIDEが、先頭グループから離脱する可能性が濃厚になってきて、多くのファンが落胆している。

でも、PRIDEって結局、ギャラが高かったから、世界のトップレベルの選手が集まっていただけで、受け入れられる器があれば、何処でも同じようなモノを開催出来るのでは?
その点、選手育成に力を入れているその他の格闘団体とは一線を画していると思う。ネガティブな意味で。
きっと、PRIDEでなければダメなんて選手はいないだろう。

また、PRIDEファンの中では何かと評判の良い試合前の煽りVTRだが、インタビューを(戸田先生も真っ青なくらい)捏造してのキャラ作りには、かなり疑問があったので、個人的には無くなってくれると嬉しい。

さて、PRIDEや日本の総合格闘技界が、これからどうなるかは分からないが、死に体であるプロレスにも逆風が吹くと思われ、気が重くなる出来事であることは間違い無い。

HITACHI I.mega HDC-303X
[PR]
by barry_lions | 2006-06-08 16:37 | Battle


<< 無敗。      喜瀬ビーチのラウンジ >>


アクセス解析