<< 第9ステージ(ジロ・デ・イタリ... 第8ステージ(ジロ・デ・イタリ... >>
2004年 06月 03日
一方的な撤退案。
イスラエル首相「ガザ撤退案拒否すれば米国の支持失う」
 イスラエルのシャロン首相は、ガザ地区撤退案に反対している閣僚に対し、同案を拒否すれば米国による保証を失う可能性がある、と警告した。
イスラエル首相「ガザ撤退案拒否すれば米国の支持失う」

 ブッシュ米大統領は4月、シャロン首相との会談で撤退案を支持するとともに、イスラエルによるヨルダン側西岸占領地の一部維持を容認したが、首相は撤退案が閣議で承認されなければ、米国から取り付けた確約が失われる可能性を示唆した。

イスラエル首相、ガザ撤退案採決に自信示す
 イスラエルのシャロン首相は2日、議会の委員会に対し、6日の閣議で予定されているガザ地区撤退案の可否をめぐる採決で、同案への支持を得られるとの見通しを明らかにした。

イスラエル首相、ガザ撤退案採決に自信示す
 非公開の審議に出席していた複数の議員によると、首相は同案が閣僚の過半数の賛成で承認されるとの確信を表明したという。
先月末に予定されていた「一方的な撤退案」に対する閣議採決が、6日に延期された。
「同案を拒否すれば米国による保証を失う可能性がある」という脅し(?)は、リクードでの党員投票前にも聞いた内容だ。
ともあれ、この一週間でシャロン首相は(前回よりは)自信を持って閣議採決に望みそうだ。
[PR]
by barry_lions | 2004-06-03 10:48 | Middle East


<< 第9ステージ(ジロ・デ・イタリ...      第8ステージ(ジロ・デ・イタリ... >>


アクセス解析