<< Tour prologue v... 小橋。 >>
2006年 07月 03日
サワー、決勝で散る。
K-1 WORLD MAX 2006~世界一決定トーナメント決勝戦~

シュートボクシング派なので、サワー中心に感想を。

準々決勝、対カラコダ。
初回にフラッシュ気味ながらもダウンを奪われるサワー。
実力差はあるものの、サワーはダウンで奪われたポイントを取り返すべく猛チャージ。
結局、この猛攻が後々の戦いに響くことになるが、最終的にカラコダからKO勝ちを収める。

準決勝、対魔娑斗。
1、2Rともほぼ互角な内容だが、3Rになるとローが効いてきて魔娑斗の動きが落ちる。
3R終盤には、こちらもフラッシュ気味ながらも魔娑斗からダウンを奪い、ポイントを決定付ける。
谷川が「ダウンが無ければ」みたいな発言をしていたが、判定になればサワーの勝利もしくは魔娑斗贔屓でもドローの判定であったであろう。
あのまま次のラウンドに行っていたら、もっと明確な差が出たはず。
ともあれ、魔娑斗を破り、決勝へと駒を進める。

が、足が止まってからも打ち合ってきた魔娑斗も賞賛に値する。
3Rに失速した後、打ち合わなければ、ポイント差は無かったはずだし、何よりダウンも奪われなかったであろう。
この辺りは、ヘビー級の某日本人ファイターとは戦いのスタンスが異なるのであろう。

決勝、対ブアカーオ。
K-1 WORLD MAXの世界大会には、前年優勝者が決勝で敗れるという面白いジンクスがある。
御多分に漏れず前年優勝者サワーも決勝で敗れる事になる。
面白いのは、谷川の批判をしている人が多い中、谷川の「ブアカーオが頭一つリード」というのを間に受けているコメントがネット上で多いこと。

この試合のポイントは、サワーのレフェリーのアピールが中途半端だった点であり、そこに左フックを叩き込んだブアカーオは流石で、サワーに油断があったのは間違い無い。
が、それまでの試合展開はサワーが優位に進めていたはず。
この辺りをどう思っているのか、ちょっと知りたい。

また、最初のダウンの左フックの前にブアカーオの右ヒジが入っている。
流れ的には、ブアカーオの右ヒジがサワーのガードを崩して、サワーがクリンチ&アピールしたところをブアカーオが突き放して左フックで沈めるという流れだ。
まぁ、この辺りは負けた側の言訳であり、サワーの油断であったのは間違い無い。
何よりサワーサイドがそんなコメントを残していない。

ともあれ、K-1しか観ないファンの「運だけで勝ち上がった王者」というレッテルは払拭された事を願いたい。
[PR]
by barry_lions | 2006-07-03 09:54 | Battle


<< Tour prologue v...      小橋。 >>


アクセス解析