<< Floyd Landis in... Black and Yellow >>
2006年 07月 31日
キングダム・オブ・ヘブン
It has fallen to us to defend Jerusalem, and we have made our preparations as well as they can be made.
None of us took this city from Muslims.
No Muslim of the great army now coming against us was born when this city was lost.
We fight over an offence we did not give against those who were not alive to be offended.
What is Jerusalem?
Your holy palaces lie over the Jewish temple that the Romans pulled down.
The Muslim places of worship lie over yours.
Which is more holy?
The wall?
The Mosque?
The Sepulchre?
Who has claim?
No-one has claim.
All have claim!

We defend this city not to protect these stones but the people living within these walls.
a0011865_11484562.jpgなるほど、こういう映画か!

オーランド・ブルーム扮するバリアンよりも、かの有名なサラディンの方が格好良く描かれている。
エルサレム王国からサラディン軍がエルサレムを奪回するまでが、この映画のストーリー。
映画では、バリアンがサラディンから譲歩を誇り高く勝ち取るが、実際は身代金を積むことによって捕虜を開放することになる。
が、皆殺しが当たり前であった戦いにおいて、捕虜を殺さなかったサラディンは英雄とされ、イスラム側のみならず敵からも尊敬された人物であったとされている。
時には同じ宗派の民族さえも皆殺しにされていた時代と考えると、彼の偉大さが分かる。
特に捕虜を殺さない事が味方から認められるという事が凄いと思うのは自分だけか?

バリアンがエルサレムを明け渡す時にサラディンに訪ねる。
Balian "What is Jerusalem worth?"
Saladin"Nothing."

Saladin "Everything."

[PR]
by barry_lions | 2006-07-31 12:58 | Cinema


<< Floyd Landis in...      Black and Yellow >>


アクセス解析