<< コピペ Floyd Landis in... >>
2006年 08月 01日
Without a Trace
a0011865_2212738.jpg天龍のパワーボムを受けカウント3を取られた冬木は、仰向きのまま大の字になり、しばらく起き上がらなかった。
リングの照明を見つめていた冬木は、その身体でWARのリングを確かめていたのだろうか?
その冬木に天龍が近づき、そっと冬木の耳に呟いた。
そこで冬木のWARは結末を迎えた。

今回の同窓会に、他界した冬木の姿はもちろん無かった。
が、冬木軍としてプロレス界を賑わした邪道と外道が当時のガウンで入場し当時のコスチュームで戦った。
その対戦相手は、冬木を最後まで支えたパートナー金村。
このカードとシチュエーションで冬木を思い出すな、という方が無理であろう。
果たして、多くのファンがこの試合で冬木を懐かしむコメントや書き込みをしている。

a0011865_2245618.jpgが、何故か自分は、この試合に冬木の面影を感じなかった。
邪外が当時のテーマ曲で入場しても、スーパーパワーボムが飛び出しても、冬木を感じる事は無かった。
それが逆に「冬木のいない風景」を浮き上がらせて、物足りなさを感じてしまった。

リング上には、リアルタイムの4人の戦いがあった。
それはそれで正解なのでは?とも思う。

リング上が邪外の勝利に大歓声をあげる中、取り残されてしまった寂しさと冬木のいない寂しさがシンクロするが、相反して完全に独り立ちしている邪外に頼もしさと安堵感も感じてしまった。
邪外にしてみれば「何を今さら」という事なのだろうが、WARを応援してきたファンとしては、彼らの姿に冬木を探してしまうのだろう。
[PR]
by barry_lions | 2006-08-01 02:22 | Battle


<< コピペ      Floyd Landis in... >>


アクセス解析