<< Magnum-force Star Trek XI >>
2006年 08月 20日
櫻井康雄伝説。
【大野伴睦】ビバ昭和プロレス14本目【川島正次郎】
305 :お前名無しだろ :2006/08/07(月) 22:44:51 ID:mmB2NPAs0
何でジャーマンスープレックスホールドが原爆固めと言う事になったのですか?
命名したのは誰ですか?技の呼称について議論はなかったのですか?

313 :お前名無しだろ :2006/08/08(火) 07:59:06 ID:g8uzghOT0
「原爆固め」の命名は東スポの桜井さん。
当時は言葉狩りなどは無かったのでオオラカだった。

363 :お前名無しだろ :2006/08/14(月) 14:01:59 ID:pT0hVhhyO
昭和四十五年三月三十一日、よど号がハイジャックされた。
その直後の四月二日。
第十二回ワールド・リーグ戦のために来日したドン・レオ・ジョナサンが
代官山で行った公開練習で見せたバックブリーカーに、『ハイジャック・
バックブリーカー』というタイムリーかつ不謹慎な名前を付けたのは

櫻井康雄。

368 :お前名無しだろ :2006/08/14(月) 19:04:25 ID:pT0hVhhyO
>>365
馬場じゃないらしいよ。
そもそもシュミット式バックブリーカーは、1949年2月にモントリオール
で行われた対ボビー・マナゴフ戦で失敗したボディ・スラムが元らしい。
試合後にレスリング雑誌の記者達から技(実は失敗したボディ・スラム)
の名前を尋ねられ、「先輩レスラーから教えられた秘密兵器」と答えた。
しかしシュミット本人は、失敗技なので、それに思い入れは無かった。
それから18年後、MSGシリーズで来日したシュミットに「シュミッツ・バ
ックブリーカーに関して詳しく聞かせて欲しい」と記者から言われ、シュ
ミットは初めて技の名前を知ったそうな。

ちなみに、シュミットにシュミッツ・バックブリーカーの名前を伝えたと
いう記者の名前は櫻井康雄

櫻井康雄、凄ぇ~~!


昭和プロレスの魅力の一つが技や選手のネーミングやニックネーム。
超獣やら不沈艦やら黒い呪術師やら、昭和の古き良きプロレスの匂いを感じるネーミングだ。

個人的に、一番の駄作が、「人間発電所」ブルーノ・サンマルチノ。
いや、普通にパワーステーションで良いだろう?って思うけど、どうしても日本語にしたかったんだろうなぁ~。

で、反対に一番の傑作が「美獣」ハーリーレイス。
美男子ではないルックスを逆手にとったアメリカでのネーミングがハンサム・ハーリー・レイス。
それを日本流にアレンジしたニックネームが「美獣」。
素晴らしい。
[PR]
by barry_lions | 2006-08-20 12:56 | Battle


<< Magnum-force      Star Trek XI >>


アクセス解析