<< 2006ワールドプールマスター... 世界王者対抗戦 >>
2006年 09月 05日
宍戸無残。
「K-1 WORLD MAX 2006~世界王者対抗戦~」

世界王者対抗戦と銘打った今回の大会。
対戦した日本人が惨敗するという結果に終わった。

ザンビディスと対決したTATSUJI、カラコダと対決した前田、クラウスと対決した佐藤は、結果こそ残せなかったものの評価出来る内容を残して次に繋げた。

反対にブアカーオにKO負けした宍戸、 イアン・シャファーにKO負けした須藤、そしてアンディ・サワーに判定負けした小比類巻は、内容も結果も無残なものとなった。

元々総合の選手というイメージの強い須藤だが、最近はその総合でも中途半端なイメージがあり、評価を落としているだけに、あの負け方はイメージが悪い。
SB期待の宍戸は、まさに秒殺で負けてしまった。
体格の差は仕方ないにしても、打ち合っての勝負が出来なかったのは、宍戸としても悔しいとは思うが、それが実力の差になるのだろう。
その宍戸を軸に実力差を推測するとブアカーオは、とんでもない位置にいる可能性がある。
どうにか判定負けまで持ち込んだ小比類巻だが、宍戸同様にまったく何も出来なかったと言って良いだろう。
ラウンドが長引けば長引く程、本当の実力差が出るという典型的なパターンであった。
初回こそスロースターターのサワーと互角に渡り合ったものの、2回、3回はダウンを含めて完全なサワーペースだった。

対するサワー。
試合感覚によるダメージが抜けないのでは?という懸念もあったが、自分のペースを崩すことなく今回の試合を切り抜けた。
S-CUPの調整も問題無いといった感じか。

S-CUPといえば、宍戸惨敗を受けて、日本人エントリーがどうなるのか?に注目が集まる。
SBはプロレス的なマッチメークを好むので、宍戸復活の場としてS-CUPのエントリー枠を与える可能性もあるが、ここで今回の惨敗を引き摺った結果なり内容を残してしまうと、宍戸自身が潰れてしまう可能性もあるのだが。。。
[PR]
by barry_lions | 2006-09-05 20:12 | Battle


<< 2006ワールドプールマスター...      世界王者対抗戦 >>


アクセス解析