<< Le Papillon(パピヨ... 菊地浩一 vs 矢野マイケル >>
2004年 06月 15日
0615のパレスチナ関連ニュースをピックアップ。
イスラエル検事総長、首相の汚職疑惑不起訴を決定=TV
 イスラエルのテレビ、チャンネル・テンは13日、マズーズ検事総長が、シャロン首相の汚職疑惑について証拠不十分として不起訴とする決定を下した、と伝えた。当局者のコメントは、得られていない。

イスラエル国会、シャロン首相に対する不信任案を否決
 イスラエル国会は14日、ガザ地区などの撤退案が閣議了承されたことを受けて入植推進派議員が提出したシャロン内閣不信任案に対する採決を行われ、賛成22、反対37、棄権31で同案は否決された。他の2不信任決議についても同様に否決された。

イスラエル国会、シャロン首相に対する不信任案を否決
 シャロン首相が打ち出したガザ地区などの撤退案は、右派議員の怒りを買っている。
イスラエル軍、ミサイル攻撃でパレスチナ過激派幹部を殺害
 パレスチナ治安筋によると、イスラエル軍は14日、ヨルダン側西岸ナブルスの難民キャンプ付近で、武装パレスチナ人組織、アル・アクサ殉教者旅団の車をミサイル攻撃し、乗っていた幹部ら3人を殺害した。

イスラエル軍、ミサイル攻撃でパレスチナ過激派幹部を殺害
 バラタ難民キャンプは、同グループの拠点とされていた。
 イスラエル軍は、過激派幹部の乗った車両を標的にしたとの声明を発表した。

イスラエル軍、武装組織の幹部3人殺害 難民キャンプで
アラファト自治政府議長が率いる政治組織ファタハの武装組織、アルアクサー殉教者軍団の地区幹部ら3人が死亡、ほかに数人が負傷した。イスラエル軍による過激派殺害作戦とみられる。
大方の予想通り、シャロン首相の「汚職疑惑は不起訴」となり「不信任案は否決」となった。
といっても、シャロン政権が磐石の態勢ではないというのが正直なところか。。。
[PR]
by barry_lions | 2004-06-15 11:48 | Middle East


<< Le Papillon(パピヨ...      菊地浩一 vs 矢野マイケル >>


アクセス解析