<< 0616のパレスチナ関連のニュ... 0615のパレスチナ関連ニュー... >>
2004年 06月 16日
Le Papillon(パピヨンの贈りもの)
なんと、今週末で打ち切り(?)になるとの事なので、予定を合わせて慌てて観てきました>「パピヨンの贈りもの」
今週の土曜日(6/19)から、期間限定で 「パッション」を公開します>テアトル銀座。
打ち切りと思い、「つまらない」もしくは「客席がガラガラ」と想像していましたが、裏切られました。
「つまらない」→いえいえ、非常に面白かったです。
「客席がガラガラ」→満席とはいえませんが、ソコソコ入っていました。


そんなわけで、簡単な感想です。
(ネタバレ少々あり)


基本的に、老人&子供を主人公にした感動映画というのは、安易というか王道なわけで、ある程度の展開やら内容が読めます。
この映画も御多分に洩れず、二人の友情が深まっていく様子を、壮大な大自然をバックに描いていく、そんな展開。
世代間のズレが、二人の会話をユーモラスな雰囲気に導き、観客に笑いを誘う。
そして、何より二人が可愛い。

エピローグもおざなりにせず、丁寧に描かれています。
そのエピローグのおかげで、孤独だった二人が、それぞれ隙間を埋めていく様子が観ているこちら伝わり、この映画の「ほのぼの」度をアップさせているかもしれません。
そして、何よりエンドロール。
エンドロールが終わるまで、観客が立ち上がらなかった映画は久しぶりかもしれません。
(少なくとも自分の視界の範囲では、立ち上がって帰る人はいませんでした)

ともあれ、今週で終わってしまうには、もったいない位の良い映画でした。
# 時間も90分弱と短めで、気楽に観られてハッピーになれるという意味でも、良い映画です。

追記。
パピヨン(蝶&蛾)というタイトルから分かる通り、虫も沢山登場しますので、凄く苦手な人は無理かもしれません。軽く苦手位なら平気かな?
虫が沢山出てくるシーンでは、軽く悲鳴があがってました(笑)。
また、途中で出会った金持ちグループの一人が、株の売買を電話で指示する会話だけ英語だったのが、笑えました。

トラックバックURL
東 京 キ ノ コ | パピヨンの贈りもの東 京 キ ノ コ
映画「パピヨンの贈りもの」の蝶/WebryBlog**な日々/WebryBlog
『パピヨンの贈りもの』6/10.銀座テアトルシネマ銀ネコスクリーン

参照URL
『パピヨンの贈りもの』BBスペシャルTheater@nifty
パピヨンの贈りもの - goo 映画goo 映画
『パピヨンの贈りもの』監督・主演女優取材|COREBOOTHムービー|COREBOOTH
[PR]
by barry_lions | 2004-06-16 12:48 | Cinema


<< 0616のパレスチナ関連のニュ...      0615のパレスチナ関連ニュー... >>


アクセス解析