<< 0619&20のパレスチナ、イ... AMORPHIS / ELEGY >>
2004年 06月 21日
PRIDE GRANDPRIX 2004 2ndROUND
民放の放送が終ったので、感想をアップします。

第1試合
○ 桜庭和志 vs ニーノ・“エルビス”・シェンブリ ×
終始攻めていたのは桜庭。
が、決定的な差はつけられず、微妙な判定で桜庭の勝利。
引き込むニーノに、打撃戦を中心に組み立てる桜庭。
緊張感のある試合だが、かみ合わないまま3Rが終了。
終了間際に、猪木アリ状態から、桜庭がジャンプで足を越えようとしたり、走りこんでの踏み付けを見せたりと、見せ場はそこだけ。
引き分けがあれば間違いなく「引き分け」という内容。
勝者桜庭には、試合前から笑顔が無く、判定勝ちを得ても桜庭スマイルは見られなかった。


第2試合
○ クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン vs ヒカルド・アローナ ×
この日一番の好カード。
事実上のミドル級グランプリ決勝戦と期待された前回対決は、アローナの怪我により流れた。
代役のブスタマンチに大苦戦して微妙な判定で勝利したジャクソンにとっても、怪我で欠場したアローナにとっても、待ち望んでいたであろうカード。
試合は衝撃的な結末。
試合をリードしていたアローナを沈めたのは、ジャクソンのパワーボム一発。
まさに撃沈。
試合後、疲れきったジャクソンと、結果に対する不満を態度に表しながら控え室に帰るアローナ。
どちらが勝者か分からないが、これでシウバ戦を完全に手に入れたのはジャクソンだ。


第3試合
× セーム・シュルト vs セルゲイ・ハリトーノフ ○
この試合でハリトーノフの本当の実力が分かるといわれ、結果はその通りになった。
前回のニンジャ戦でみせた荒い打撃戦を続けると、空手家のシュルトに有利になると思われたが、ハリトーノフは受けが強いのか、怯まない。
一度はスイープでマウントを返されたハリトーノフが、二度目のマウントで勝利を得る。
右膝で相手の左肩をニーオンザベリー風に押さえて(ニーオンザショルダー?)、バランスを崩さないように上から殴るのではなく、鉄槌で顔面を攻撃。
見る見るシュルトの顔面が変形していき、レフェリーが試合を止めた。
ヒョードル同様、つまらない試合を展開するが、ハリトーノフの強さは本物だ。


第4試合
○ 小川直也 vs ジャイアント・シルバ ×
う~ん、ゼロワンかハッスルシリーズでやればいいのに。


第5試合
○ 吉田秀彦 vs マーク・ハント ×
高田のマイクはプライドに必要ないと思うのだが、テレビで見る限りファンは大喜びなので、良いのかな?とも思う。
この辺りがプライドを両手を挙げて楽しめない理由だったりして。
さて、その高田がこの試合を吉田の圧勝と評価。
「マーク・ハントの良さが全く出なかった。吉田選手の完勝」
しかしながら、自分の見た感想だと、サモア系らしい身体能力の高さやスイープで、吉田が大苦戦。
トップポジションからのパウンドもマーク・ハントらしい力強さ。
経験をつめばかなり強くなるのでは?マーク・ハント。
吉田は試合後、肩を押さえており、怪我の状態が気になるところ。


第6試合
○ アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs ヒース・ヒーリング ×
ヒーリングにとってはリベンジマッチ。
ノゲイラにとっては、前回の対決で判定まで持ち込まれたので、今回は一本勝ちをしたいところ。
リングスで行われた第1回KOKトーナメントの決勝の苦杯から、ノゲイラは積極的に一本勝ちを狙う選手に変貌した。
そして、この日は今現在の二人の実力差が如実に現れた結果として、勝敗が分かれた。
ノゲイラ強し。


第7試合
○ エメリヤーエンコ・ヒョードル vs ケビン・ランデルマン ×
大本命ヒョードルに、ミルコを破ったものの伏兵のままのランデルマン。
試合時間は短かったものの、ランデルマンも伏兵と呼ばせないような試合を展開。
途中の投げで首から落とされたヒョードルが、落ち着いてグラウンドを支配。
そのままアームロックに移行して、ランデルマンがタップアウト。

さて、これでベスト4が決定。
ヒョードル、ノゲイラ、ハリトーノフ、小川。
なんだか、一人間違った人がいる気がするが、気にしない気にしない。
怪我で欠場するのでは?とか陰口を叩かれているが、どうなんでしょう?小川。
で、変わりがミルコだったりして。。。
[PR]
by barry_lions | 2004-06-21 00:07 | Battle


<< 0619&20のパレスチナ、イ...      AMORPHIS / ELEGY >>


アクセス解析