<< 0622の中東関連ニュースをピ... 0621のパレスチナ、イスラエル関連 >>
2004年 06月 22日
ARCH ENEMY@渋谷AX(0621)
そんなわけで、台風が吹き荒れる中、ARCH ENEMYを観てきました。
一緒に行く友達がチケットを忘れたので、取りに帰る、、、って、間に合うのか?と思ったら、前座があるとのこと。
う~ん、チケットを忘れた彼は、色々な伝説を残していますが、彼の名誉の為に、ネタにするのは止めておこうっと。

さて、そのオープニングアクトを努めたのは、「Edge of Spirit」という日本のバンド。
これがなかなか良かったです。
ブラストビートにツインギター、スクリームVoと、この手のバンドとしては、定番中の定番なんだけど、リズム隊がしっかりしていて、ギターのメロディーは泣きのフレーズ、Voのパフォーマンスも悪くない。
曲の展開が予想出来てしまうのだが、逆にそこが心地良い。
短めのセットリストを終了すると、観客から惜しみない拍手。

しばし休憩の後に、いよいよARCH ENEMY。
開始直前に友達が走りこんできた。すでに汗だくだ。
# 彼はこの後、ヘドバンでさらに汗だくになる。

オープニングのSEが終わりメンバーが登場すると、密集具合が一気に変貌。
しかしながら、ここ渋谷AXのフロアは、細かく区切られている為に、暴れ難い設計になっている。
逆に危険な感じもするが、とりあえず曲がスタート。

新旧を織り交ぜた無難なセットリスト。
前回のMaidenと一緒に来日した時よりも、ノビノビやっているように見えるのは気のせいか?
ともあれ、VoのAngelaが、女性とは思えないようなスクリームヴォイスを聞かせてくれます。
彼女のLIVEでのパフォーマンスは、来日する度にレベルアップしていると思います。
# 女性のデス声というと元「OPERA IX」のCADAVERIAを思い出しますが、こちらは流石に来日しないと思われます。
# 日本には五人一首がいますね。

さて、途中でクリスのギタートラブルがあったり、音のバランス的にも「?」という部分もあったりしたものの、大迫力のライブを繰り広げて、オーディエンスも大満足という感じでした。
個人的には、ギターソロやドラムソロはいらないと思いますが、この辺りは好みが分かれる所。

Angelaは、台風にかけたMCなどと気の利いたマイクを聞かせてくれたりもしましたが、帰る頃には豪雨も過ぎ去って、強風だけが残っていました。
その風も蒸し暑くなく、心地良い風の中、気持ち良く渋谷AXを後にしました。
うん、満足。


トラックバックURL
ARCH ENEMY ジャパン・ツアー2004Music On Line♪
ARCH ENEMY!from KASHIWA with SPIRIT
ARCH ENEMYその2鋼鉄コックの日常
[PR]
by barry_lions | 2004-06-22 13:45 | Music


<< 0622の中東関連ニュースをピ...      0621のパレスチナ、イスラエル関連 >>


アクセス解析