<< LAW & ORDER:性犯罪特捜班 Unfair >>
2007年 01月 26日
悪夢探偵。
いや~、演技って難しい。
たとえば、普段から会話に表情が無い人が「普段の」演技をした場合に、それは棒演技になるのだろうか?

漫画家はベレー帽をかぶり、ビリヤードをする人はペンギンルック。
大多数の固定概念に合わせた発想で演技をすることが良い演技なのだろうか?
それは決してリアリズムと相容れないとも思ったりする。

もし、この映画のHitomiの演技が、彼女自身の素の表情だったとしたら、ただの「棒演技」という一言で片付けてはいけない気がする。
アーティストらしく豊かに感情を表現していたし、スレンダーで美しい身体は、とても映画に映えていた。
緊迫した場面での悲鳴も、この手の映画に相応しいリミッターに達していた。
それでもやはり、彼女の棒読み演技は、この映画の唯一絶対の難点であろう。

彼女と同じ画面に納まった松田龍平までもを、二流の役者に感じさせてしまう、その伝染力はまさに悪夢であった。

悪夢探偵
[PR]
by barry_lions | 2007-01-26 17:51 | Cinema


<< LAW & ORDER:性犯罪特捜班      Unfair >>


アクセス解析