<< ザ・シールド@2006年ドラマ総括。 虹の女神 Rainbow Song >>
2007年 02月 15日
イラク問題(その1)。
<グラミー賞>反ブッシュ発言のディクシー・チックスが5冠
【ロサンゼルス國枝すみれ】米音楽界最高の権威を持つ第49回グラミー賞が11日発表され、テキサス出身のカントリーグループのディクシー・チックスが、反ブッシュ発言後にバッシングされた経験を歌った「ノット・レディー・トゥ・メーク・ナイス」で年間最優秀楽曲賞を獲得するなど5冠に輝いた。反ブッシュ世論の盛り上がりが音楽界も席巻した。

 リードボーカルのナタリー・メインズさんがイラク戦争開戦直前の03年3月、「ブッシュ大統領が同じテキサス出身なのは恥ずかしい」と発言。保守系ラジオ局がグループの曲を放送拒否するなど、全米でバッシングを受けた。曲ではその経験を歌い「引き下がるわけにはいかない」と怒りを込めた。

 メインズさんは授賞式で「みんなは私たちに賞をくれることで、表現の自由を行使しているのだと思う」とあいさつした。
イラク戦争は間違っていた。
現在、アメリカのニュースやコメディにおいて、ブッシュ批判とイラク戦争批判が主流を占めている。
YouTubeなどで、その番組を見られたりするので、日本にいても、その流れは実感出来る。

数年前とは大違いだ。

何故、イラク戦争を批判したアーティストは(数は少ないながらも)色々といた中で、ディクシー・チックスだけが、あれだけバッシングされたのかは、ちょっと分からない。他のアーティストは大物だったからか?
どちらにしても、現在の振り子は03年とは逆になっている。

その当時、意見をハッキリと主張したディクシー・チックスは立派だが、現在、ブッシュ支持を表明している著名人も、現在の逆風を考えれば評価しても良いだろう(意見の相違はともかくとして)。
一番、怖いのは、当時はブッシュ指示で、今はイラク戦争に反対を唱えている人達だろう。
まぁ~、ある意味でもっとも人間らしいとも言えるが。。。

スーパーボウルのオープニングセレモニー。ビリー・ジョエルが歌うアメリカ国家の中、バグダッドの兵士が画面に映し出されると、会場から大歓声が。
この辺り(ランボーで取り上げられて問題にされたように)ベトナム戦争を間違った戦争と定義付けて帰還兵を罵倒したり生卵をぶつけたりした行為を反省して、戦争は間違っていても戦地に赴いた兵士に敬意を払うという現れだとしたら、アメリカは成長していることになる。
[PR]
by barry_lions | 2007-02-15 13:33 | Middle East


<< ザ・シールド@2006年ドラマ総括。      虹の女神 Rainbow Song >>


アクセス解析