<< エンタープライズ@2006年ド... グレイズ・アナトミー@2006... >>
2007年 04月 18日
スルーする技量。
普段読んでいるblogや日記のサイトで、自分と違う意見の文章を見つけた時に、コメントを残すか否かで考える。

例えば、とある映画の感想で「感動した」とか「世界観が素晴らしかった」などと称している映画を、自分は「内容の無い自己満足的な映画で、細かいディティールだけに拘り、シナリオはボロボロ」と感じていたとする。
で、それをコメントに残す必要があるのだろうか?と。

相手や内容によっては、そこから話が発展する可能性があるワケで、コメントするのも悪くないかもしれないが、基本的には書き残す必要は無いというのが正解だと思う。

でも、それは自分が書き残す場合の話であり、書かれた場合はどうすれば良いのか?
もちろん、「相手や内容によっては、そこから話が発展する可能性があるワケ」なんだけど、基本的にはスルーするのが正解だと思う。

今回のコメントは、明らかにスルーすべき内容だったにも関わらず、思わず反応してしまった。
まっ、自分のネット技量の低さが垣間見れたワケだが、それはそれ。楽しめたので良しとしよう。
[PR]
by barry_lions | 2007-04-18 10:35 | Memo


<< エンタープライズ@2006年ド...      グレイズ・アナトミー@2006... >>


アクセス解析