<< パッション(THE PASSI... 0628のパレスチナ関連(その2) >>
2004年 06月 29日
S-cup
いよいよというか、待ちに待ったというか、S-cupが開催されます。
いつもは、「知らない人は切り捨てて、知っている人に向けて」という形でblogを書いてますが、S-cupに関しては説明したいと思います。

まずは、シュートボクシングの説明から
1985年、元日本キックボクシング・ウェルター級チャンピオン、シーザー武志によって創設された、パンチ・キック・投げ技・そして立った状態での関節技までを認めた立技総合格闘技です。

簡易にルールをまとめると、

3分×5ラウンド制の立ち技格闘技。
パンチ、キックの打撃(肘と膝を含む)に、投げ技と立ち関節が認められている。
勝敗は、通常の立ち技格闘技に加えて、立ち関節によるタップアウト(ギブアップ)もある。
判定も、ラウンド毎の優越に加えて、投げや関節もポイントとして加算される。

以上が、簡単なシュートボクシングの説明でした。


現在は3分×5ラウンド制に落ち着いていますが、このラウンド制については設立当初から試行錯誤しており、10分とか5分とかのラウンドにも実験的に取り組んでいた時期もありました。
また、設立当初繋がりでいくと、設立当初は肘を認めておらず、階級も(ホーク級等の)独特の名称を使っていました(現在は肘を認めて、通常の階級名称を使用しています)。

ルールにおいて、他のK-1やキックボクシング、ムエタイと大きく異なるのは、投げ技と立ち関節が認められているという点です。
また、K-1では反則である首相撲も、投げという展開がある為にムエタイやキックとは違った重要な意味合いがあります。


そして、このシュートボクシングが、数年に一度の割合(つまり不定期)で行うトーナメントが「S-cup(エスカップ)」と呼ばれる大会です。


SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2004

・・・・・・【アンディー・サワーと緒形健一の出場が決定!】・・・・・
<“S-cup”トーナメント出場予定選手>
アンディー・サワー(S-cup 2002王者・リンホージム)
緒形健一(SB日本Sウェルター級王者・シーザージム)
ダニエル・ドーソン(WMTA世界/SB豪州Sウェルター級王者)
全中国散打王者、アメリカMMA王者、その他。

●公演名    : SHOOTBOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2004

●公演日・会場 :9/19(日)
           横浜文化体育館 【所在地:神奈川県】
前回王者のアンディー・サワーとS-cup初出場となる緒形健一。
前回の優勝候補ながらも怪我に泣いたダニエル・ドーソン。
そのダニエル・ドーソンを破ったのが、前回の台風の目であった散打王者「鄭 裕蒿」。今回も全中国散打王者がトーナメントに出場。
これに小次郎とHAYATOが加わると、かなり豪華な顔ぶれになる予感。

緒形が対戦を強く望んでいる武田幸三との試合は、日程的にも厳しいですが、K-1 WORLD MAXクラスの激しい試合が期待されます。

参照URL
シュートボクシングオフィシャルサイト [ SHOOTBOXING ]
BoutReview.com
[PR]
by barry_lions | 2004-06-29 16:01 | Battle


<< パッション(THE PASSI...      0628のパレスチナ関連(その2) >>


アクセス解析