<< ジェシー・ベンチュラ。(その1) ツール・ド・フランス2004@... >>
2004年 07月 06日
ツール・ド・フランス2004@第2ステージ。
いやぁ~、思いっきり寝てしまいました(汗!)。
球撞きに行って、帰ったのが23時。
それから、HDDのおっかけ再生で観ていたら、、、見事にちぎれました。
ともあれ、リザルトを。
7月5日現在 ステージ順位
1 181 ロビー・マキュアン AUS LOT 4h 18' 39"
2 057 トル・ハスホフト NOR C.A 00' 00"
3 147 パトリック・ナゾン FRA A2R 00' 00"
4 083 ダニロ・ホン GER GST 00' 00"
5 091 スチュアート・オグレディ AUS COF 00' 00"
6 145 ヤン・キルシプー EST A2R 00' 00"
7 019 エリック・ツァベル  GER TMO 00' 00"
8 041 アレッサンドロ・ペタッキ ITA FAS 00' 00"
9 175 ゲリト・グロムザー AUT SAE 00' 00"
10 191 マリオ・チポッリーニ ITA DVE 00' 00"
この結果、ハスホフトがボーナスタイムを得て、マイヨ・ジョーヌをゲット。
でも、ファッサはこれでスプリントに集中出来て、ペタッキにとっては良い事なのでは?とも思うんだけど。。。

で、第3ステージの見所。
ワーテルロー(Waterloo)~ワスクアル(Wasquehal)

210km
今日のプロトンは、クラシックレースの難所を通過。まずは42km地点でツール・デ・フランドルのゴール都市を通過すると、そのまま61km地点では同レースの「壁」ミュール・グラモンを文字通り「よじ登る」。続いて一行はフランスへ入り、パリ~ルーベの石畳コースと遭遇する。2ヵ所の美しいパヴェ(Pave=石畳街道)は、それほど厳しくないパートではあるが、それでも落車やマテリアルの心配をする必要あり。この難所を上手く切り抜けさえすれば、後は比較的平坦。この日もスプリンターが大活躍することになるのだろうか
ツール・デ・フランドルとパリ~ルーベのコースを通過する今回のステージ。
とくに、パリ~ルーベの石畳コースは見物。
でも選手にとっては、落車やパンクなどの心配があり、ナーバスになりやすいかも。

今日は映画を見てから帰るので、再びおっかけ再生始動予定。
今日は寝ないようにしようっと!


参照URL
2004 Tour de FranceJ SPORTS OFFICIAL SITE
[PR]
by barry_lions | 2004-07-06 15:45 | Bicycle


<< ジェシー・ベンチュラ。(その1)      ツール・ド・フランス2004@... >>


アクセス解析