<< K-1 WORLD MAX20... 0706のパレスチナ、イスラエ... >>
2004年 07月 07日
ツール・ド・フランス2004@第3ステージ。
「壁」はレース前半の為に、放送は無し。残念。
後半の二つある「石畳」では、短いながらも、緊張感溢れる走りが見られた。

「石畳」に入る直前に、USポスタルが先頭に出る。
「石畳」に入る直前に、エウスカルテルは集団の後ろで落車。
ランスは「石畳」を先導されながら無事通過。
マヨは、痛々しい怪我を引きずりながら「石畳」に到着。
明と暗。

う~ん、マヨ脱落?
7月6日現在 ステージ順位
1 147 パトリック・ナゾン FRA LOT 4h 36' 45"
2 019 エリック・ツァベル  NOR C.A 00' 00"
3 181 ロビー・マキュアン AUS LOT 00' 00"
4 103 トム・ボーネン BEL QSD 00' 00"
5 046 キム・キルシェン LUX FAS 00' 00"
6 083 ダニロ・ホンド GER GST 00' 00"
7 145 ヤン・キルシプー  EST A2R 00' 00"
8 133 アレッサンドロ・ベルトリーニ ITA ALB 00' 00"
9 132 ファビオ・バルダート ITA ALB 00' 00"
10 025 ホセ・グティエレス ESP PHO 00' 00"
この結果、ロビー・マキュアンが、マイヨ・ジョーヌとマイヨ・ヴェールの二つを獲得!

もう始まっていますが、第4ステージ(チームタイムトライアル)の見所を引用。
カンブレ(Cambrai)~アラス(Arras)

64.5km(チームタイムトライアル)
ツール序盤のハイライト、それがチームタイムトライアル!ここまで日替わりだったマイヨ・ジョーヌ はたいていこの日以降固定され、結果的にはパリの表彰台をも左右することに。ただし今年からは 「大きすぎるのタイム差=優勝争い脱落」の図式を避けるため、各順位ごとの「最大タイム差」が決定された (詳細は「基礎知識」を参照して下さい)。USポスタルやTモバイルなどTTT得意チームにとっては少々あり がたくないルール変更かもしれないが、ツール全体で見ると面白いことになりそう。今日のルート自体は、 厳しい登りも急カーブもないスピードコース。ただし地形的に見ると、向かい風&横風が強くなるとのこ とである。
Jスポーツが配信している「ツール2004 メールマガジン」によると、
■フランスの天気
曇り後雨、午後から雷雨のおそれ
(中略)
ところで今日の夕方からフランス全土に雷注意報が出ています。果たして空は、最終走者USポスタルのゴール予定時間17時12分(現地)まで持ってくれるのでしょうか。
雨?しかも雷雨?豪雨?
かなりレースに影響しそうで、心配です。
クイズにも影響しそう??

参照URL
2004 Tour de FranceJ SPORTS OFFICIAL SITE
[PR]
by barry_lions | 2004-07-07 21:48 | Bicycle


<< K-1 WORLD MAX20...      0706のパレスチナ、イスラエ... >>


アクセス解析