<< 分離フェンス ツール・ド・フランス2004@... >>
2004年 07月 11日
ツール・ド・フランス2004@第6&7ステージ。
忙しかったので、手抜きモードです(すみません)。
それぞれのリザルトから。
7月9日現在 第6ステージ順位
1 103 トム・ボーネン BEL QSD 4h 33' 41"
2 091 スチュアート・オグレディ AUS COF at 00' 00"
3 019 エリック・ツァベル GER TMO at 00' 00"
4 083 ダニロ・ホンド GER GST at 00' 00"
5 163 バーデン・クック AUS FDJ at 00' 00"
6 194 セルジョ・マリナンジェリ ITA DVE at 00' 00"
7 126 ジェローム・ピノー FRA BLB at 00' 00"
8 053 ジュリアン・ディーン NZL C.A at 00' 00"
9 098 ヤネク・トンバック EST COF at 00' 00"
10 143 サミュエル・デゥムラン FRA A2R at 00' 00"

7月9日現在 第7ステージ順位
1 047 フィリッポ・ポッツァート ITA FAS 4h 31' 34"
2 035 イケール・フロレス ESP EUS at 00' 00"
3 071 フランシスコ・マンセーボ ESP IBB at 00' 00"
4 141 ローラン・ブロシャール FRA A2R at 00' 10"
5 056 セバスチャン・イノー FRA C.A at 00' 10"
6 196 ミケーレ・スカルポーニ ITA DVE at 00' 10"
7 102 パオロ ・ベッティーニ ITA QSD at 00' 10"
8 057 トル・ハスホフト NOR C.A at 00' 10"
9 139 スコット・サンダーランド AUS ALB at 00' 10"
10 091 スチュアート・オグレディ AUS COF at 00' 10"

昨年同様に落車が多い今回のツール。
第6ステージ、ラスト1キロでの落車では、シモーニ、ハミルトン、ランスといった総合を狙う選手も巻き込まれ、大惨事に。
第7ステージは、激しいレース展開。
最後の逃げでステージを制したのは、男前のポッツァート。

第8ステージの見所を引用。
ランバル(Lamballe)~カンペール(Quimper)

168km 
翌日は今ツール初めての休日。そして休日明けには、ツールは本格山岳コースに突入し始める。つまりマイヨ・ヴェールを狙うスプリンターにとっては、今のうちにできるだけたくさんポイントを稼いで起きたいところ。ただし今日のコース、距離自体は非常に短いのだが、全体的に細かい起伏が多い上に4つの峠はそれほど簡単ではない。さらにゴール前200mのロータリー+90度カーブも危険をはらんでいる。そして無事にゴールまでたどり着くことの出来た選手たちは、この日の夜、飛行機にて休日の地リモージュへと飛び立つ。


参照URL
2004 Tour de FranceJ SPORTS OFFICIAL SITE
[PR]
by barry_lions | 2004-07-11 20:57 | Bicycle


<< 分離フェンス      ツール・ド・フランス2004@... >>


アクセス解析