<< ヒットマン、散る。 なんだよ。 >>
2007年 12月 08日
12月の格闘技。
オリンピアが聞こえてくれば、プロレスファンは年末が近づいてきたと感じたりする。
そんな世界最強タッグリーグも、「世界」も「最強」も冠に偽り有り的なタッグリーグ戦になってしまった。
ワクワクするようなタッグチームの参戦が無かったりするわけだが、そんなタッグチームが現在存在しなかったりするのが、日本プロレス界の痛いところ。

そんな瀕死な日本プロレス界の後を追うように、日本の総合格闘技も一つの終止符を打つ(らしい)。
そんなこんなで年末の格闘技イベントは今年もやってくる。
個人的に名前を聞いただけで胸を踊らすような選手が、どちらの大会にもラインナップされていないので、大一番という感じよりもお祭り感が強かったりする。

なら、12月の格闘イベントの目玉は何?と聞かれれば、やっぱり「メイウェザー対ハットン」になる。
ボクシング界の顔であるデラホーヤを倒して名実共にパウンドフォーパウンドになったメイウェザーが有利という声が圧倒的に強いが、チューを倒した時のようにハットンが勢いに乗り、イギリスから大挙して押しかけるハットンサポーターが彼を後押ししたら、ビックアップセットもありえる、と思うのだが、どうだろう?
[PR]
by barry_lions | 2007-12-08 07:52 | Battle


<< ヒットマン、散る。      なんだよ。 >>


アクセス解析