<< ツール・ド・フランス2004@... ツール・ド・フランス2004@... >>
2004年 07月 14日
テッセラクト(Tesseract)
テッセラクト」を鑑賞。
アレックス・ガーランドの原作。香港人(監督)、日本人(プロデュース)、タイ人(スタッフ)、それから英国人俳優のジョナサン・リース・マイヤーズを主演に迎え、国際色豊かな布陣の映画。

予告編を見て、何を勘違いしたのか、SFチックな話だと思っていて、話の途中で違う事に気がつく。
ストーリーの時間軸をズラすことで、4次元を表現したというわけか。
最近、この手の話が多いから、それ自体の意外性は少ない。
# 昔からある手法だが、増えだしたのはメメント辺りから?

ともあれ、飽きる事無く映画を観終えたものの、面白かったかどうかは、判断が難しい。
また、スタイリッシュな演出が行き過ぎて、大映ドラマチックになってしまっている部分も多々あった。
まぁ~、受け狙いなのだから、それはそれで正解?

で、結局、物語の初っ端で、壁から出てきた人達は誰だったのでしょう?

参照URL
テッセラクト 公式サイト

トラックバックURL
映画のなかの人生…Vol.333「テッセラクト」★映画のなかの人生、映画のような人生。
[PR]
by barry_lions | 2004-07-14 11:39 | Cinema


<< ツール・ド・フランス2004@...      ツール・ド・フランス2004@... >>


アクセス解析